東京マグニチュード8.0 第8話

生と死と。


 ある程度自分では構えてもいたと思っていたのですが、こう描かれてくるとは考えもしていなかったんで、結果的に印象強く、記憶に残る形となりました。


 一端は夢と現実が交差し、最後には「あ、助かったのか・・」とホっとしたのも束の間。病院を離れてからは違和感しかありませんでした。
 真理さんは二人がいなくなったとき、いつも二人の名前を呼んでいたのに、未来ちゃんのことしか呼ばず、以後も全く悠貴君に話しかけることもありませんでした。悠貴君もまた、お姉ちゃんにしか話しかける様子はありませんでした。ラストカットでは先に歩いていたはずの彼は描かれておらず、そのままアングルは空へ…。


 最初病院で受け取った書類は治療費についてのものかな、って思っていただけに、この衝撃は強かったです。
 果たして未来ちゃんはどう考えて、会話をしていたのだろう。時折「全部わかってて」という描写に見えなくもないところはあったので、彼女は全部もう受け止めていたのだとしたら、これほど哀しいことはないです。


 真理さんが感じていた責任も極めて重かっただろうな。偶然出会っただけといえばそれまで。大人としての責任という意味では、それ相応のものはあったのだと思うけれど、じゃあ彼女に何かできたのかといえば、できなかった、と断言してもよいと自分は思いました。決して結果論という意味ではなく、彼女は確実に彼女の出来うることができていたと思います。


 先日甲斐田さんのブログにてアフレコ終了の記事があったのだけれど、そこではちゃんと小林さんはいらっしゃいました。でも最後だから、だったのかな・・・。もし今回の状況が最後の最後まで行ってしまうのだとしたら、それはそれでもう見ていられない・・・。


 恐らく次回、未来ちゃんは受け入れざるを得ない状況になるのだと思うのだけど、ちゃんと見れるかな。。怖いし不安だし、何よりも無力感を感じてしまいそう・・・。
 今はまず、この作品ちゃんと向き合って見てきて良かった、とそれだけです。。

WEB拍手を送る


東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第2巻 [BD] [Blu-ray]
角川エンタテインメント
2009-11-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ■東京マグニチュード8.0 第08話「まっしろな朝」はコチラ

    Excerpt: ■東京マグニチュード8.0 第08話「まっしろな朝」はコチラ Weblog: 東京マグニチュード8.0 動画集 racked: 2009-08-29 02:07
  • 東京マグニチュード8.0 原作

    Excerpt: DQNと香辛料: MステランキングΣ(*・Д・) *8 スピッツ←アニメ ホッタラケの島 *9 abingdon boys school←アニメ 東京マグニチュード8.0 10 Buono!←アニメ.. Weblog: 話題のニュースのまとめ racked: 2009-08-29 10:28
  • ◎東京マグニチュード8.0第8話「まっしろな朝」

    Excerpt: ユウキ倒れる。マリさんは「病院に連れて行かなきゃ」といって、人を呼びに行く。そして、病院へ。その間のシーン全部飛ばして、ユウキ死亡確認。と思ったら、ミライの夢だった。そして、医者がでてくる。やっぱり、.. Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2009-10-18 20:09