WHITE ALBUM 第16話

もうすぐそこまで岐路はきていました。
 

 徐々に大きな山場を迎えそうな展開でした。同時並行しているお話が割と多く、そのどれもがはっきりとは描かれていない分、もどかしくもあり、興味を惹かせる部分でもあります。 ただ正直、ひたすらに暗くなる一方なので、見ていて素直におもしろい、とは呼べないのも事実。それを感じさせないドラマ性があればまだよいのだけれど、何かもうそこにはどうしたってたどり着けないんだろうな、と思っているのも事実。


 一番どう影響してくるのか読めてないのが冬弥父のお話。どうやらもう・・・、ということは決定づけられたように見えます。でもそれがどうなるんだろ、って。冬弥君自身、まだ実感できていないだけならそれでいいんだけど、いつもの調子で「なるようにしかならない」としか考えていないんだとしたら、もう極めて不要な人間でしかない。
 あと気になるのが美咲さん。あれだけ献身的なのはなぜなのだろうか。本当に心配しているだけならいいんだけど。。

 次がはるかちゃんとマナちゃんかな。たぶんこのお話が本編に絡んでくることはまずない、って思ってるけどきたらどうしよ。どんな収束なんだよ、って話。だとしたら楽しみです。


 割と大きめだったのが音楽祭をきっかけに理奈ちゃんが事務所から離脱を宣言していたところ。緒方さんはどうしたいんだろ。

 そして続いてる冬弥君と弥生さんとの関係。今回はその関係も、緒方さんに釘を刺された?様子に見えたけどどうするつもりなんだろう。そして一番苛つくのは、落ち着いている冬弥君w 何を知ったつもりでいるのか。余裕を見せるような振る舞いがいちいち苛つきます。彼には一体何が決められて、どう人生を考えているのか。さっぱりわからん。まさか未だに自分は悪くない、とか寝言を言い出さないか心配。


 徐々にクライマックスへ向けての準備が整い始めています。満遍なく、どこのお話に対しても興味が薄れてきていますが(^_^;) せっかくだから最後まで見ます。どれだけ泥沼化するのか、どれだけ冬弥君が困るか。それだけが楽しみw

 次回も、彼の事だとすると苛つくサブタイでした(^_^) "自分が"加害者だということを自覚しているといいのだけれど・・・。


 昨晩放映されていたMJを見て、次回分を応募してみました。当たるといいなぁ。奈々さんの唄を是非生で聴いてみたいです。きっとこちらの作品のOPも聞けるかな。

WEB拍手を送る




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック