WHITE ALBUM 第21話

選択することから逃げ続けること。


 今回も冬弥君の行動は変わらず、ひたすらに流されているだけ。彼の意思ってあるのかな?、と思わせるものばかりでした。もう変わらないのかな・・・。

 由綺ちゃんからは逃げ続け、弥生さんの誘惑はことごとく受け、理奈ちゃんとの時間はまんざらでもない様子。彼はこういう人だから仕方ないとしても、周りの子たちがほんと可愛そうです。


 美咲さんを刺そうとした方がまた再出していました。父に泣いて縋る様子を見る限り、彼もまたとことん、なんだろうな。。盗撮さんとの下りは何を意味していたのか。すぐ横でその話を聞いていた? めのうちゃんは何か行動起こすのか。

 そのめのうちゃん。またエスケープして冬弥君の家に転がり込もうとしていたけど、もうバレバレで自ら戻ってきた(^_^;) 彼女も何から逃げたいのかよく見えません。

 彼女の所属する事務所社長さんはマナちゃんのお母さん。今回マナちゃんのお話が久しぶりに少し長かったです。なのに、かなりな荒れっぷり。イソップの言うことがすべて事実だったとわかったからか。それとも母と冬弥君が知り合いだったってことを、自分が知らなかったからか。彼女もやっぱり逃避してしまいました。でもラストではるかちゃんとテニスしてたみたい。もうわからないです、はるかちゃんも含めて。。

 緒方さんは借金だけが残っちゃったみたいだけど、どこも暗い様子はなく、むしろ楽しそうです。由綺ちゃんを育て上げることに集中し始めたのかな。
 冬弥父の命日は冗談抜きに刻一刻と近づいている様子。彼の存在ってもう誰にもなくて、唯一は由綺ちゃん、って見えましたが、きっかけになったりするのかなぁ。今のままだと、冬弥君が何か感じるとはちょっと思えないです。


 由綺ちゃんがちゃんと気づき始めた、とわかってから、収束が加速してくるかと思いきや、まだまだ気配なし。このままそれぞれがただ転がり落ちていくだけで何かを得るわけでも、勝ち取ることもなく、ひたすらに落ちて失うばかりなのか・・・。
 見ていても素晴らしく楽しくないのは事実なだけに(^_^;) 終わりくらいはなんとかしてくれるといいな。。 元々のコンセプト通りになっているのはわかるんだけど、、、

WEB拍手を送る




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック