聖剣の刀鍛冶 第11話

愛する気持ちが分かるから、セシリーはリーザの心が手に取るように、痛いほどに理解できました。


 三年前の真実。どこにも物的証拠なんて出てこなかったけど、その想像は真実であるとセシリーには確信がありました。
 ルークはリーザを守りたいと願っていた。そしてリーザもまた、ルークを守りたいと願っていた。リーザはヴァルヴァニルと対峙した瞬間、既に結果を見据えていました。でもせめて今、ルークを守りそしてその先もまた、ルークと共に過ごしたい。守ってもらいたい。その願いを込めて、彼女は悪魔契約を行い、リサを生みだしルークを守ってくれていました。

 騎士となり街を守りたい。それもルークの刀で守りたい。その気持ちはセシリーと同じであったからこそ、セシリーには彼女の気持ちが痛いほど理解できてしまっていました。もちろん同じだった気持ちはそれだけじゃないってことも、わかってて言ってたんだろうな(^_^)

 悪魔だろうがなんだろうが、後から知ることがどれほど多くとも、知る前まで過ごした時間が変わることがないように、その人の過去や生い立ちなんかを見て親友になったわけじゃないのなら、知る前に感じた想いや気持ちが変わることもあり得ることじゃないから。


 リサちゃんが自分がどう、ルークに想われているかを泣きながら話していたシーンは切なかったなぁ。小さな体で、毎日笑顔でいてくれていたリサちゃん。どこまでもルークを慕い、愛してくれているリサちゃん。それでも自分は彼の"後悔"の対象になっているんだ、って思っていただなんて、哀しすぎます。問題はやはりルークが普段無口なのがいけない!!ルークの大きな大きな課題だと思いました(^_^;)


 物語はいよいよクライマックス。最後はシーグフリードさんがどーんと攻め入ってきて、どーんとルークたちが退けて、って展開のようでした。原作未完だからこれがベストだと思うけど、もちろん続きも必ず、って思います。
 ラストはみんなの凛々しい姿が見られるといいな。

WEB拍手を送る


聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) Vol.1 [Blu-ray]
メディアファクトリー
2009-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック