ハートキャッチプリキュア! 第9話

家族の笑顔のために。


 今回はつぼみちゃんのお父さんのお話であり、家族のお話になりました。

 つぼみちゃんのご両親が大変仕事熱心だったあまり、つぼみちゃんに寂しい思いをさせてしまっていたこと。普通なら仕事をすることが子供を育てるため、つまりは子供のため、という考えに至るところを、二人は娘と共に過ごす時間を優先してくれていました。

 端から見ると彼等の選択こそがあるべき姿には見えるのだけれど、それが正しいか正しくないかは、もちろん人それぞれ。答えなんかないと思います。
 「何を、最優先するか」ただこの一点に過ぎず、良いお話から得られるものがすべてではないということを、ちょっと入れてほしい気がしなくもないお話だったかなぁ。作品全体としては、メッセージ性は一辺倒にはなっていないから、今回は今回、と言い切れるとは思うけれど、もうちょっとリアリズムに走ってもおもしろかったかも、って思ってしまいました。

 デザトリアンになってから、所謂その人の「本音」が明らかになるところが、この作品でのポイントであって、そこから初めて、その人の「本当の悩み」や「問題」が露呈する。戦闘中にそれらに対する答えをも同時に与えることはまず不可能で、とりあえず心の花を取り戻し、その次のステップが極めて重要に思います・・・。って、思いますが、そこまでをこの作品シリーズには求めてはいけないところかな。あまりに深くなっていて本筋失っちゃうしな(汗) もしも彼等が心を弄んでいるだけじゃないんだとしたら、とか考え出すとw なんか妄想が膨らみます(^_^)


 あと印象に残ったのは再びえりかちゃんが「言わないとわからないよ。」と言ってくれたところかな。言いたくないのなら無理に、とは言わないものの、それでもわかってほしいと思うのなら、まず言葉にして伝えてもらわないと、わかりたいのにわからない、ってなってしまう。
 えりかちゃんのような人が側にいることは大変心の支えになると思います。言葉の重要性。人間だからこそ、というのが少しこの作品に秘められたポイントなのかな。


 あと今回を持ってコブラージャさんが完全なるお笑い担当であると、やっとわかりましたw 彼じゃ絶対プリキュア倒せない気がした(笑)

 次回はなんとも唐突にダークプリキュア見参!! 予告もなんかもうクライマックス?な感じでしたが(^_^;) 訪れたプリキュアvsプリキュアな構図。その初戦。大変楽しみです。

WEB拍手を送る


「ハートキャッチプリキュア!」OP&EDテーマ::Alright ハートキャッチプリキュア!/ハートキャッチ☆パラダイス
Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
2010-03-17
工藤真由 池田彩


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

J-YUN
2010年04月10日 20:57
つぼみの両親が今の仕事に就く理由が分かりましたね、幼少時のつぼみの健気さと寂しさが分かる演出はよかったです。今回のゲスト小畑さんですが社会人なりたてゆえの不安もあるでしょうが学生のつぼみに同意を求めるのはどうかと思います。そこにさりげに助言したえりかも前回のことをしっかり教訓にしてるなと思います。上目づかいもよかったですね(笑)。コブラージャすっかり色者キャラになりましたね、これはこれでいいですが。今回の戦闘から見てつぼみもすっかりダメさがなくなりましたね。次回でついにバーローじゃなかった(笑)、ダークプリキュアが再登場ですね、どうなるか期待です。
2010年04月10日 23:52
 こんばんわー
 小畑さん相当せっぱ詰まっていたとはいえw 子供から親を口説き落とそうというその考えは微妙、を通り越してはいました。でも逆に子供からあんなことを聞かされた、もう反省するしかなくなりますね。
 やはりどうしてもえりかちゃんに目がいきます。彼女の一見直球めいたところがあって、実はちゃんと人と対話しようとしてくれるところが好感度高いです。
 一方のつぼみちゃんの戦闘は確かにもう心配無用ですね。彼女は覚えるのが早い(^_^;)

 次回は見た目は子供、、、が登場ですw かなりなクライマックスな雰囲気がまた気になるところですね。

この記事へのトラックバック