極上!!めちゃモテ委員長 セカンドコレクション 第65話

お話はいよいよ、衣舞さんへ!
いつから彼女は完全装備になってしまったのか・・・。


 新キャラ力さん。自称(他称もw)りっきー! 大変チャラくw 夏しか感じさせないイケメンキャラが登場です。
 実は東條君たちはもちろん、衣舞さんも知り合いでした。しかも衣舞さんとは幼馴染み! まさか衣舞さんが幼馴染みキャラだったとは・・・。意表つかれました(^_^;) そしてりっきーについても実は見た目とは裏腹な一面が。


 りっきー、かなりいい加減な奴と思いきや、委員長に心を見透かされると、すぐに本当の思いを打ち明けてくれました。実はりっきーは今でも衣舞さんのことを・・・。

 その衣舞さん、なぜ今のような完全防備な振る舞い方をするようになったのかが、少しだけ明らかになりました。彼女の想いとしては、みんなとも仲良く楽しく普通に過ごしたかった。けれど彼女のオーラがそうはさせませんでした(^.^) みんな彼女を見た目だけで判断し、おいそれと近寄れないその雰囲気が、彼等の勝手な想像をかきたててしまうことになり、結果、彼女は孤立してしまっていた・・・。

 彼女は基本「周りが悪い」と思いこんでいましたが、実際のところは気にする必要なんて少しもないってことに気づけていないだけ。それはきっと他人から言われて理解できることじゃなく、自分で気づかなければならないこと。りっきーはちゃんと彼女のことを考えてくれていて、理解もしてくれていました。いいやつw 彼と一緒に映っていた写真の中の彼女は、相当な可愛さで、初めて見る「笑顔」でした。


「自分には美しさだけあればいい。友達なんていらない。」

 長い日々の中で、彼女の考えはどんどん固まっていってしまい、今のクールビューティーとは名ばかりの、孤独な日常を作り出してしまっていました。笑顔が可愛い女の子なんだってこと、りっきーはちゃんと知っていた。彼は彼女の誕生日だから帰国してきてくれていたんだね。アイツ相当いいやつ(^.^)

 ここまで知ってしまえば委員長、もう黙ってはいられません。なんとしても今年のお誕生日こそは、衣舞さんを祝ってあげたい。楽しく過ごしてもらいたい。そう決めました(^.^)

 衣舞さんが思いの外きちんと委員長の話を聞いてくれていたのは、これまでの彼女の行いを見てきたからだと思います。
 彼女と委員長の考えはまるで違う。けれど委員長の大作戦を施された女の子は確実に笑顔になっているということを、衣舞さんはずっと見てきたし、認めてもくれていた。だからこそ、彼女は委員長のことを魔子ちゃんたちのようにすぐにはね除けるようなことはしませんでした。

 そして何より委員長は彼女を見た目で応対を変えていない点、だろうな。

 衣舞さんが登場当初より変わってきた理由が、これまでのお話でちょっとずつ描かれてきたからこそ、違和感がなく受け入れられました。


 今回の衣舞さん、相当かわいかったなぁ。やっぱり笑顔が可愛い女の子が一番です。菅谷梨沙子さんのお声ももうすっかり合ってて素敵でした。菅谷さんも真奈さん同様に、またどこかで声優としてお会いしたいです(^_^;)


 りっきー先輩これっきりと思いきや、終わり際にはちゃんと制服して登場w 果たして彼のいう「ビッグウェーブ」とは何を指すのか。今後の展開は彼を中心になるってことかな、、って、お声は木内さんだったって気づきませんでした(汗)DTBの黒<ヘイ)のイメージが良い意味で?崩れました。それなら彼が準レギュラーになるのも納得です。

 EDは今回から新しくなり、元気いっぱいな感じが大変可愛い「めちゃモテたいっ!」へ。またそのままのタイトルが素晴しいw たまには二十九先生を脱しても、とはいつも思うことだけど、可愛かったからいっか。

 次回はどなたのお話かな。しっかりりっきー健在でした(^.^)

極上!!めちゃモテ委員長 Lesson9 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-05-12


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック