ストライクウィッチーズ 第1話

自分にできることを。


 自分が一時だけアニメを見ていなかった時期にやっていたこの作品。最近二期が始まり、見てみようかなやんでいたところで、AT-Xでリピートが始まったため見ることにしました。あとなんか他の作品と間違ってたみたいで、全く見ていなかったことにも気づく(汗)

 劇中、彼女たちの"見た目"にはまだ(まだ2話まで)触れられていない点以外は、かなり真面目に物語が、良い意味で手堅くまとめられており、キャラクターだけではなく、ストーリーにも想いがあるように見えました。かといってユニークな部分がそれほど多いようにも思えなかったんで、もしかしたら途中で飽きてしまうかも、とも(^_^;) でも2期までできるくらいだからな。頑張ってせめて1期は見よう。


 福圓美里さん演じられている宮藤芳佳ちゃん。彼女のウィッチとしての潜在能力が認められて、ストライクウィッチーズへのスカウトされたところから、物語は始まりました。
 すぐに「戦争はきらいです」と、強く美緒さんに押していたけれど、相手が未知なる、人ならざる者?であれば、守らなくては、という思いが働いても、と、思いました。なんというか、事情を知っていたら、彼女の性格で断る理由ってあったのかな、と。最終的にはその方向へと気持ちは動かされていったのだけれど、なんかもうちょっと欲しかったかな。

 美緒さんは彼女の父親が既に亡くなっていることを知っていながら、敢えて引込んでいたのも、イマイチわからず。それに対して芳佳ちゃんも特に怒らず。展開が早すぎて思っていたより心の動きが読めませんでした・・・。 それほどドラマ性を重視はしていないのかどうか。追々見ていけば気づけるかな。

 結局のところやはりあの"見た目"が、この作品の核たるポイントなら、たぶん2期までには手を出さなくなりそうだから、そうではないことを信じて来週からも見ていこうと思います。あれはパンツではない、んだよね(^_^;)


ストライクウィッチーズ DVD-BOX
角川映画
2010-07-23


Amazonアソシエイト by ストライクウィッチーズ DVD-BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック