刀語 第八話 「微刀・釵」

見切るのでも、見抜くのでもない、相手を信じ、ただ見守るのみ。


 八月。OPも新たに、とがめの空気よめないお家からスタート。
 彼女と否定姫の関係は、今回初めて会話シーンがあったのだけれど、やっぱりよくわからなかったw 長い挨拶の後、互いが互いを蹴落とそうとしつつ、本心では語りあおうとはしない。一体いつからの知り合いなんだろ。

 否定姫の情報を元に、四季崎記紀の工房を探索すべく不要湖へと向かった先で、その場を守護していたからくり人形「日和号」と対峙。七花たちはすぐにその人形こそが「刀」であると読み取りました。彼等がそれを刀だと認識できたってことはやっぱり、否定姫の持っていた刀?にもおおよそ気づいていたんじゃないかなぁ。。否定姫は結局何がしたいんだろうか・・・。

 数日かけて日和号の動きと、その軌跡を把握し、工房の在りかと日和号との戦術を書き留めたとがめ。そこから彼女得意の奇策を実行へと移した七花。その戦闘中、日和号に自分を重ね合わせていました。
 過去の、自分を。

 命じられるがまま刀集めをして、何一つ自分の意思など持ち合わせず、まにわにたちを殺し続けてきた自分。それは確かに刀だったかもしれない。けれどそれだけでは、姉には勝つことは出来なかった。刀であるということととは、単なる武器になるということではない。己の意思を持ち、守るべき人の、"刀"になるということ。
 そう決めたのはあくまで人の心であり、魂ある人間である自分なのだということを、七花は改めて認識しました。
 ここまでの旅で、彼が得た最大の成長に見えました。同時に彼を最大に強くしたように思います。


 日和号の戦闘は機械ゆえの大変無駄のない、スマートな戦闘スタイルであり、破壊してはいけない、牽制も効かない、という七花の縛りもあって、かなり白熱したもので面白かったです。最終的には燃料切れでの決着となったけれど、あの日光浴、そしてラストの雨雫のシーンは、何も語らない人形なだけに、想いが感じ取れる演出だったなぁ。


 右衛門左衛門のカッコイイ出番が増えてきて、彼がラスト、になりそうにも見えました。彼は彼で目的と意思がありそう。
 とがめの甘えっぷりも健在w くすぐりたいし、後ろからぎゅっと抱きしめたいし、お姫様だっこもしてみたい(^.^)
 あとOPが一新。個人的には全く持って栗林さんの新曲、という流れを期待していたので、落胆は大きいです(>_<) しかもALI PROJECTさん。前もどこかの作品で思ったけれど、ALI PROJECTさんの楽曲は、似合う作品が本当に一握りだと思うんだよなぁ。この作品に合っているのかどうか・・・。 見終わる頃に印象が変わっていることを願おう・・・


 次回はもう9月。まだまだきっと残暑厳しい頃だと思うけれど今回は予告なしでした。Webで見れました。
 次は二人目の女性がお相手。ヤキモチとがめが見られそうです(^.^)


刀語 第8話 (8) (講談社BOX)
講談社
西尾 維新


Amazonアソシエイト by 刀語 第8話 (8) (講談社BOX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 刀語 08話『微刀・釵』

    Excerpt: 尾張。 厳しさのあるその町で、一件だけやたらに飾り立てた空気の読めない屋敷が建っていた。 それを見て大爆笑の七花。 Weblog: 本隆侍照久の館 racked: 2010-08-14 10:30
  • 刀語 第08話 感想

    Excerpt:  刀語  第08話 『微刀・釵』 感想  次のページへ Weblog: 荒野の出来事 racked: 2010-08-14 11:18
  • 刀語 第8話「微刀・釵」

    Excerpt: とがめと鑢七花がやってきたのは、家鳴将軍お膝元・尾張! 金のシャチホコ乗っかった、空気読めない悪趣味な屋敷。それがとがめの家! 中は�... Weblog: 空色きゃんでぃ racked: 2010-08-14 11:59
  • 刀語 第八話 微刀 釵

    Excerpt:  鎧とか人形とかは刀としてはおかしいと一応は分かっているのですね。 Weblog: つれづれ racked: 2010-08-14 12:52
  • 刀語 第8話 「微刀・釵(ビトウ・カンザシ) 」 感想

    Excerpt: 何を持って「刀」とするかは、言ったもん勝ち! 今回からOPが新しくなっていましたが、前の方が良かったです。 人形 VS 無刀 とがめと�... Weblog: ひえんきゃく racked: 2010-08-14 13:21
  • 刀語 第8話「微刀・釵」

    Excerpt: 刀語 第六巻 / 双刀・鎚 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/09/01)細谷佳正田村ゆかり商品詳細を見る 鑢七実に髪を斬られたとがめは否定姫の言うとお... Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2010-08-14 14:14
  • 刀語 第8話「微刀・釵」

    Excerpt: 前回も良かったけど、今回はまた違った意味で素晴らしかった。1時間があっという間。 Weblog: 妄想詩人の手記 racked: 2010-08-14 15:19
  • 刀語 #08 微刀・釵 新OPの評判が悪いみたい

    Excerpt: 短い髪のとがめもカワイイ 刀語 第8話 (8) (講談社BOX)(2007/08/02)西尾 維新商品詳細を見る刀語 #08 微刀・釵 Weblog: HISASHI'S ver1.34 racked: 2010-08-14 17:56
  • 刀語 第8話「微刀・釵」

    Excerpt: 『とがめと敵対する、幕府直轄内部監察所総監督・否定姫からの情報を頼りに、 次なる刀を求め、江戸の不要湖へと向かう二人。 そして二人は�... Weblog: Spare Time racked: 2010-08-14 18:17
  • 刀語 第08話 「微刀・釵」

    Excerpt: 大事なものは、すぐそばに。 Weblog: 物理的領域の因果的閉包性 racked: 2010-08-14 18:26
  • (アニメ感想) 刀語 第8話 「微刀・釵」

    Excerpt: 刀語 第七巻 悪刀・鐚(完全生産限定版) [Blu-ray]クチコミを見る とがめと敵対する、幕府直轄内部監察所総監督・否定姫からの情報を頼りに、 次なる刀を求め、江戸の不要湖へと向かう二人。 そし.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2010-08-14 20:25
  • 刀語 第8話

    Excerpt: 刀語 第8話 『微刀・釵』 ≪あらすじ≫ 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた完成形変体刀十二本を求め、無刀の剣士である�... Weblog: 刹那的虹色世界 racked: 2010-08-14 21:10
  • 刀語8話

    Excerpt: 運命は自分で言い張るもの。というわけで、「刀語」8話しゃちほこ多すぎの巻。とがめさんvs否定姫。二人の美女は再会するなり激しい勢いで口ゲンカ。彼女たちにとってはそれが挨拶�... Weblog: アニメ徒然草 racked: 2010-08-14 21:20
  • 刀語 第8話 「微刀・釵」

    Excerpt: 刀語 第8話 「微刀・釵」 人気ブログランキングへ Weblog: アニメは日本の文化遺産 racked: 2010-08-14 21:23
  • 刀語 第8話 「微刀・釵」感想

    Excerpt: 結末を読むまでは、否定姫がラスボスだと思ってました。 刀語(第8話)ショップ: 楽天ブックス価格: 1,155 円 刀語 第12話 炎刀・銃ショップ: 南海ブックス価格: 1,155 円 Weblog: プラチナのアニメ感想&おすすめ商品紹介 racked: 2010-08-14 21:57
  • 刀語 8

    Excerpt: 第8話 「微刀 釵」8話目にして新OP。聞いてすぐアリプロとわかった。独特すぎです。OPアニメも後半に活躍しそうなキャラが登場でした。ストーリーは尾張に戻ってきてとがめの実家にお�... Weblog: GIGASSA!! racked: 2010-08-16 02:19
  • 刀語 第八話 「微刀・釵(びとう・かんざし)」

    Excerpt: ニンゲンとニンギョウ、同じ 「刀」 同士の闘い、の巻。 Weblog: ひそかにささやかにアニメを応援している日記 racked: 2010-08-16 22:17
  • 刀語 第八話『微刀 釵(ビトウ・カンザシ)』

    Excerpt: 日和号、カラクリ人形だという話だったけど すごく可愛らしくていじらしくて健気に見えて困っちゃいました。 とうとう無機物にまで萌えを感じる今日この頃…大丈夫だろうか、自分(笑) 刀語 第八巻 / 微刀.. Weblog: 風庫~カゼクラ~ racked: 2010-08-18 18:16
  • 刀語 第8話 「微刀・釵」

    Excerpt: 俺は刀だが、同時に魂を持つ人間なんだ――!  尾張で否定姫から江戸の不要湖に、四季崎記紀の刀工房があったと情報を得て。 右衛門左衛門�... Weblog: SERA@らくblog racked: 2010-08-19 10:20
  • 刀語 #8

    Excerpt: 尾張へたどり着いた七花ととがめは、そこで否定姫と対面するのでした。そこで四季崎記紀の工房の情報を得た2人は、江戸の不要湖へと向かったのでした。何度もその地を目指 Weblog: 日々の記録 racked: 2010-12-31 18:47