ラストエグザイル-銀翼のファム- 第13話「Bad move」

エグザイルと、エグザイル。


 グラキエス進行を始めた連邦。ケイオス遺民団は囮役をさせられ、壊滅というなんとも無残な始まりでした。そんな戦い方を平然とやってのける連邦を、誰が正義と認めるのか。しかしそんなことはこの大きな戦争では些細なこととしてその場は済まされ、後に責任を問題視される。その時矢面に立つのはアウグスタに他ならない。それらすべてを見据えての、ルスきニアの考えと思われました。

 ファムたちは何とかしてディアンたちにその作戦を伝えるも、彼女たちに撤退の選択肢はありませんでした。たとえ残り1機となろうとも、彼女たちは突き進んでしまう。その確固たる信念は、たとえ言葉通じなくとも、ファムには感じられた。そして感謝をされた時点で、ファムはもう見送るしかありませんでした。すべてを承知の上での、その戦士の決断を、ファムにはどうすることもできなかった。

 正直あれだけ手助けしてくれたにも関わらず、引き下がりが早かったように思いました。でも同時に、彼女なら大丈夫、と、言い聞かせてもいたので、信じていた、のかもしれないな。

 いよいよ戦局は決しようとしたとき、グラキエスは最終兵器、エグザイルを用いてきた。その力はやはり絶大。しかしながらアデス連邦にも、エグザイルは存在する。まさかのエグザイル戦がここに始まる、というところで今回はおしまい(>_<) 果たしてどちらかに決する決め手、ってなんなんだろう。同じ力、とは思えないけど、じゃあその違いはなんなのか。グラキエスには巫女の姿が見えなかったのだけが、違いといえば違いだろうか・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック