月姫

ただ、彼女の笑顔がもう一度見たくて。


 まほよをやって、この作品のDVD探したものの、すぐには見つからなくてw でも漫画の存在を教えていただいて、一気に買って読み終わりました(^^)

 アレンジは入っていると著者自らの記載がありながらも、その作品世界の一貫性は保たれていたと感じられたし(オリジナルを知らないまでも)、大変楽しめました。アルクェイド役は、アニメでは当時新人だった生天目さんと知っていましたが、脳内では結構な頻度で彼女の台詞は伊藤美紀さんのお声で再生されていました。志貴君はそのまま鈴村さん。シエルさんや秋葉さんはあまり浮かばなかったかな。どちらかは川澄さんでも、と思いました。セイバーとかぶるか・・・

 直死の魔眼を持ってしまったことにより、彼の人生は大きく人のそれとははずれてしまった。同じ能力を持ちあわせていながら、両義式とはまた全く違った使い方、生き方で十分惹きつけられました。その魔眼に困っていたのは当初の式も同じでしたが、彼女はそのまま受け入れ、彼はアルクェイドと出会うまでは拒否し続けていた。

 作品の中で最も強く感じたのは彼の執念。何度も。何度も何度も何度もアルクェイドに決別を宣言されても、彼は何度も何度もその決められた未来を、本当の未来として受け入れることはせず、自らの命をも引き換えに、彼女に尽くすことを望んだところ。もう正直しつこいくらいで(^_^;) だからこそ得られた、彼から感じられた想いの強さはありました。最後にはほんとに会いにいっちゃうんだから、ほんと恋の、愛の力で満ち溢れていました(^_^;)


 最終巻末にも書いてはいたけど、ほんとにリメイクは進んでいるのか不安w 早く他のルートもやってみたい。でもせっかくなら納得行くまで詰め込んでもらいたいって気持ちもあるから(^_^;) どちらにせよ待つしかないにせよw 楽しみにしてます。DVDは敢えて見ないで待っておこうw


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

てんもん
2012年06月09日 09:21
月姫アニメ版は、ファンの間でも【無かったこと】にされる程の出来なので……正直作り直して欲しいところ。
逆に漫画版は、ファンの間でも【最高のメディアミックス成功例】と言われております。漫画版が原作ゲームを超えた稀有な例だと思います。原作には漫画の最終シーン無いのです。あれは漫画版の作者の方グッジョブと皆さん叫ばれてました。
リメイク、早くやりたいですね……秋葉やシェル先輩のルートまたやりたいな……
2012年06月09日 22:41
 漫画が原作に匹敵、それ以上、なんて例は出くわしたことないです(^_^;) もちろんそれは原作を知っているファンからの声でしょうから、ほんと稀ですね。そう聞いてしまうとますます原作やりたいw い、いつかなぁw

この記事へのトラックバック