絶園のテンペスト 第十一幕「時の娘」

世の理とは即ち、起こるべくして起きる世の出来事すべて。


 実に常に、その主たる世界観がファンタジーでありながら、論理的思考が絶対で進んでいるこの作品。辻褄合わせや、ご都合的な展開を見事逆手に取った、素晴らしくユニークな展開で毎週かなり楽しみに見ています。

 なんせ登場人物のほぼすべてが、「思考」優先であり、理論が証明されてしまえばそれがたとえ机上の推論であろうとも、納得してしまう。論破することができてしまう。だからこそ読み合いが深く、且つ、「勢いでどうにか」っていう、昨今の少し安直な流れにはならない。そこに一番の面白さを感じています。
 嘆かわしきは、この原作作品がまだ未完であることと、場の空気をすべて台無しにしてしまっているといって、断言してもいいEDくらいです。ほんとひどいよ。。


 時間を超えて会話していた吉野君たちと葉風ちゃん。あ、葉風ちゃんを演じているのが沢城さんというところもやはり、非情に大きなポイントだろうな。ベストキャスティング(*^_^*)
 3人は時間の壁に一度は絶望しかけたのだけれど、吉野君は土壇場に持ちこたえ、真実へとたどり着きました。

「あまりにも都合がよすぎる」

 しきりに左門が叫んでいたけれど、それはそのはず。世の理の加護を受けている、最強の魔法使いである葉風ちゃんなのだから、彼女の都合で世の中が回っているのだから、都合がよくてむしろ当たり前といったほうが自然。その発想はとても盲点であり、正直文字通り最強。にも関わらず、左門も負けずと頭をめぐらした結果、彼女を大いに苦しめることとなり、そこにあり得ないと思われていた「対立」が生まれ、物語は成り立っていました。あれほどの最強キャラがいては言わば反則w 戦うことすらままならないところなのに、それが見事なバランスを保ちつつ、今回まで話しが進められていたのが、素晴らしい展開だったと思うな。


 始まりの姫君。そして絶園の姫君。

 愛花ちゃんを殺害した人物はいなかった。魔法の網にかからない、それが即ち魔法使いの一族だという証明から、ここまで追ってきた。でもそれが覆ってしまった。しかしここにきてもう一人、候補がいることに、葉風ちゃんは行き着いた。それが絶園の姫君、絶園の魔法使い。

 いよいよ葉風ちゃんが帰還する。けれど愛花ちゃん殺害の犯人は見つけられるのか。それが成さなければやはり世界は滅んでしまう。。どんな札が出てくるのか楽しみです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 絶園のテンペスト 第11話「時の娘」

    Excerpt: 「いるかもしれんのだ  ただ一人 魔法の網に掛からぬ者が」 時間の檻を破る方法を探る吉野と真広 そして、愛花を殺した犯人の調査結果から 新たな存在の可能性が!?   時間の檻を破る、.. Weblog: WONDER TIME racked: 2012-12-15 15:53
  • 絶園のテンペスト TBS(12/14)#11

    Excerpt: 第11話 時の娘 では探すぞ、時間の檻を破る方法を。絶対にある。複雑な形の一組の物に術者の肉体の一部を 含んでおけば通信が出来る。それを利用して共鳴させて肉体を移動させれば良い。 ここにはあるぜ、全身.. Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2012-12-15 17:31
  • 絶園のテンペスト 第十一幕「時の娘」

    Excerpt: 絶園のテンペストの第11話を見ました 第十一幕 時の娘 「では破るぞ、時間の檻を。方法は必ずある!」 葉風から魔具を通じて通信できる方法を聞いた真広は葉風を救うために使えるものは.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2012-12-15 17:40
  • 絶園のテンペスト 第11話「時の娘」

    Excerpt: 愛花の殺害犯が誰なのか、それがわかるまでに時間の檻を破る方法を解く―― 日が東から上り西へ沈み月が満ち欠けするように世の理に守られた葉風には軍配があがるのか 前回すっかり吉野の策にはまってしまった.. Weblog: Spare Time racked: 2012-12-15 22:02
  • 絶園のテンペスト 第11幕「時の娘」

    Excerpt: 絶園のテンペスト 第11幕「時の娘」です。 絶園のテンペストも第11幕です。この Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ racked: 2012-12-15 23:57