ドキドキ!プリキュア 第13話

友達を、仲間を守るために心も強くなったありすちゃん♪


 本格的に女王様を探すべく、真琴ちゃんがふと思い出した「そいえば女王様って薔薇が好きでした」発言から、なんか今度コンテストあるみたいよ、ってなって、その優勝商品が王家でしか咲いていなかったはずの薔薇だよこれ、ってことで、これは何かつながりがあるのではと、みんなでコンテストに出て確かめてみる流れに。

 今回はありすちゃん主体で物語が進んで行きましたが、彼女の友達?である麗奈さんたちのキャラデザがなかなかに今風ではなく、どっちかっていうと日本名作劇場な雰囲気を醸し出していて良かったです(^_^;)

 彼女はありすちゃんが、友達の悪口を言われると我を忘れて怒ってしまうというクセ?を把握していました。かつて彼女は小学生ながら、中学生男子たちをぼっこぼこにしてしまったことを、マナちゃんたちも知ってること。
 だから執拗に彼女の友達、つまり矛先はマナちゃんたちへと向いていました。
 いろいろやられてはいましたが、ピアノの中に猫、ってイタズラ?はなんか微妙で面白かったです。猫、起こすくらいならいんじゃね?ってw

 最後はテニスで一騎打ち。マナちゃんが泥だらけになるハプニングを乗り越え、見事ありすちゃんは怒ることなく勝利。で、麗奈さんがジコチューへ。今回はトリオのラスト、マーモさんがビーストモード発動し挑んできました。ロゼッタはバリアしかない、と、見くびっていましたがそれは全くの逆。彼女の基礎身体能力は4人中最大で最強であり、プリキュアの真骨頂である格闘に最も長けた戦士。

 ありすちゃんはマナちゃんたちと出会い、そして一緒にプリキュアとして戦うようになってから、互いの絆が強まったことを感じていました。だから自分を信じて、仲間を信じる心を得て、力を振るうことに躊躇いはなくなった。そして自分と仲間の信じる道こそが、正しき道であると確信できるようになった。だから彼女は全力を出すことができるようになっていました。心体ともに彼女の力は最大な気がするな。

 ジコチュー倒して目的だった薔薇も手にいいれて、そこからアイちゃんの力で何かアイテムゲット。何かしら得るものが会ってよかったです。

 前回からちらちら出ていた金髪な女の子おは、キングジコチューの娘さん、レジーナさんだと判明もしました。娘・・・ なんか悪の組織!って割りには「あ、娘いるんだぁ」っていう事実がうまく噛み合わなくて微妙には感じましたが、もう少し設定はありそうかなあ。

 次回は六花ちゃん。あれは競技かるたなのか・・・


Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア(DVD付)
マーベラスAQL
2013-03-06
吉田仁美 黒沢ともよ


Amazonアソシエイト by Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック