四月は君の嘘 #01「モノトーン・カラフル」

世界がどれほど鮮やかなことか。


 秋アニメ、まだだいぶ見きれていないないのだけれど、まずこの作品は期待ができそうと感じました。

 実に青春な、人物関係図もオーソドックスな構成ではありましたが、絵の鮮やかさに目を奪われる場面がとても多く、それでいてコミカルなシーンも散りばめられていて、メリハリが出ていて飽きさせない流れがありました。
 あとOPがとても印象的だったのもあります。絵と楽曲がとてもシンクロしていて、どちらもすごく良かったため、うまく相乗効果を生み出していたと思いました。

 放送前から始まっていたラジオで、キャストの一部やストーリー概要を知っていたのもありましたが、期待以上でした。音と画がこれほど美麗に描かれているとは思っていなかったので、あっという間に1話が終わってしまった(^_^;) あやねるは今期もほどよくご出演されていて、いい役所を得ていてこちらも嬉しい限りです。とりあえず小学生達の技術力が、違和感しかなくて、あれはあれで良かったですw


 あやねるがいるので最初から確定はしていましたが、作品自体、お話自体も期待できそうでした。




四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
講談社
2011-09-16
新川 直司


Amazonアソシエイト by 四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 四月は君の嘘 #1

    Excerpt: 新番組のお試し視聴です。お母さんの死をきっかけにピアノを弾けなくなった少年が、ある少女と出会ったことで音楽の楽しさを思い出すお話みたいです。有馬公生は、幼い頃か Weblog: 日々の記録 racked: 2014-10-12 11:50