アイカツ! 第128話

「高なる!私の胸のBPM!」


 凛ちゃんの初のお仕事はやはりダンス! 彼女のダンスはこれまでのどのアイドルとも異なるジャンルで、唯一近いのはジョニー先生(^^) 彼女はずっと先生に憧れ続け、目指し続けていました。
 そんなジョニー先生は先生になる前はプロのダンサーであり、相方サニーさんとコンビを組んで旋風を巻き起こしていた感じです。そしてそのサニーさんは実は今デザイナーさんになっていて、凛ちゃんはそのサニーさんのブランド、ダンスフュージョンがお気に入りでした。だから今度の初仕事も是非とも、ダンスフュージョンのドレスで臨みたいと考えていました。

 この関係性なら、サニーさんに会うことだけでいえば容易に思いましたが、実はジョニー先生、サニーさんとは道を別れてから一度も会っていませんでした。

「いつかお前が育てたアイドルが、僕のドレスを着る日がきっとくる。」

 そのサニーさんの言葉を、ジョニー先生はしっかりと受け取り、いつか来るその日に向けて二人は、その日を二人の夢としました。その夢が叶う時、再び二人の道は交わると確信して。
 なんとも夢あるお話で、かっこよくてジョニー先生らしいエピソードでした。二人の道は確かにその日、全く別々になってしまったかのように見えて、実はまた出会うことを願ってもいた。
 その再会のキーとなるアイドル。そのアイドルに凛ちゃんは立候補しました。こんな生徒が来ちゃったら泣いちゃうなぁ(^_^;)

 サニーさんはさくっと出会えて、ちょっとふくよかになられていました(^^) 凛ちゃんが出るときは、2Dでのダンスシーンを余儀なくされるのでw なんか大変そうな印章です。
 
 凛ちゃんは自分が架け橋になれば、もう一度サニー&ジョニーに会えると信じていましたが、実際には違いました。ジョニー先生はたとえ歩む道が異なったとしても、サニーさんとはいつまでもチームだと考えていました。

 つまり「一緒に踊ること」「同じ道を進むこと」だけがチームではない、と。

 凛ちゃんにはその時、うまく受け取れませんでした。仲間=いつも一緒で、同じ夢を持って、彼女にとってはそう、同じダンスを好きな人が、仲間だって思ってました。もちろんそれも仲間には違いないのだけれど、そうじゃないとき、たとえばある時ふと、実は「仲間」ではなく単に「集合」しているだけなのかも、って気づくときも、あるかもだなぁ。

 うまく理解できないまま寮に戻ると、あかりちゃんたちの会話が。そこで話している会話を聞いて、凛ちゃんは理解することが出来ました。4人は同じアイカツをしている点は変わらないものの、その行動はみんなバラバラ。でも決して意識もバラバラってわけじゃない。たとえ常に側にいなくとも、見えない繋がりや、信じ合えることができるのが、本当の、真の仲間。
 凛ちゃんはその事に気づき、そのために今成すべきことを見出すことが出来ました。

 ライブはほんときれっきれで、かっこよいことこの上ありませんでした。あおいちゃんとのデュオがあれば、最も融和しそうです。珠璃ちゃんでも合うかもなぁ。もちろんセイラちゃんも。もう結構なキャラ数になってきたんで、ありきたりかもだけど、ぽわプリのようなユニットの登場も期待しています。


 OPで出てたジョニー先生の新ジャージはここで授与(^^) 喜ぶ先生が面白く可愛かった!
 凛ちゃん回でありつつ、ジョニー先生のエピソードも重ねてきてくれたおかげで、彼女の成長も描きつつ、これまで語られなかった先生の過去も明らかになるという流れ、相変わらず見事でした。全く飽きさせない構成は、今期も臨めるかもと思ったお話でした。

 次回はまどかちゃん・・・、とはいかず、あかりちゃんたち三人でたまに出るあのトーク番組に。あそこにはよくあおいちゃんが出てるけど、出番はあるかな?









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アイカツ! #128

    Excerpt: 凜がダンスフュージョンのプレミアムドレスを手に入れるお話でした。踊る稲妻の異名を持つ凜は、今日もダンスのレッスンに励んでいます。憧れのジョニー先生から指導を受け Weblog: 日々の記録 racked: 2015-04-15 10:47