終物語 第五話「そだちロスト 其ノ貮」

すべてはもう、終わってしまった物語。


 育ちゃんの過去はまだまだありました。どんだけ阿良々木君は記憶を消失していたのか。彼女とは実は幼少時代に一度知り合っていた。だからご両親の職業も知っていた。だからあの夏休みに、助けを求めようと必死になって阿良々木君に気づいてもらうよう努力していました。

 育ちゃんの過去はそれそれはよくある、誰にでも起こりうる不幸の連続。こんな過去で哀れんでもらえるなんて、おこがましいほどに、、、ってレベルじゃないない。そんなことはなみじんもない・・・

 何が一番不幸か。自助努力でどうにもならない不幸こそが最も己を惨めにするし、世界を呪う不幸だと思う。生まれたときから逃れられない。おおよそそれは家庭の問題。或いは国の問題であり、自分はその不幸の犠牲となっているだけ。どうしようもないくらいにどうにもできない状況ほど、己を呪うことはない。
 それでも、それでも育ちゃんは努力をし続けていました。それでも、それでもその努力は結果には繋がりませんでした。彼女の今があること、彼女が「生きていること」は、それほど大げさなことには見えませんでした。よく、生きてくれていたと思ってしまった。

 彼女の昔昔話の中で、ふと羽川さんはその話の不可解なところに気づいてしまった。結果、育ちゃんからチャンスをもらえることとなった。
 母親はどこにいってしまったのか。
 未だ怪異の気配がしてこなかったんだけれど、そろそろ絡んでくるんかなぁ。ロスト、しているのは、させているのは果たして。



終物語 第二巻/そだちリドル (完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2016-01-27


Amazonアソシエイト by 終物語 第二巻/そだちリドル  (完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック