機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #13 「葬送」

死者を受け入れ、前へ。



 残念ながら昌弘を救うことはできませんでした。昌弘は輪廻を信じて、兄に看取られて逝ってしまわれた。兄が側にいてくれただけでも、互いに救いの、ほんの少しの救いにはなったんじゃないかな。。

 海賊は見事討ち、クルーの多くは鉄華団で引取り、火星へ行ってもらうことに。MSなんかは売りさばき、ガンダム・グシオンだけは確保となりました。


 葬式の場面は、とても厳かに、華はとても綺麗で、でも儚くて。。

 メリビットさんの発案により、今回の戦闘で戦死した仲間たちを、送ることになり、「死を受け入れる」ことの意味を知ることになりました。
 死者を送り、生き残った者たちは彼等のために生を背負い生きていく。次に、前へ進むために、引きずらないためにも、葬式は意味を持っている。オルガの考えは、「一つの考え」に過ぎないことを、彼はまた学べたと思います。誰もが自分と同じではない。わかっているつもりではいたけれど、それが自然と行動に出るまでにはまだ、オルガは途中でした。だからこそ成長していける。オルガはきっとそれができていくと思います。

 

 今回のハイライトはフミたんに抱きついたあの子供です。誰だってフミたんが良いに決まっています。あの子供、子供であることを120%活用していたに過ぎません。許さないことはないけど忘れることもありませんw 名前今度出たら覚えるw
 あとは三日月の反応。人殺しを楽しんでいるかと言われて、自分があの時感じていた感情を理解しようとしていたように見えました。無敵とも思えたその戦いの後、彼の小さな手が震えていたことに、自分でも気づいていなかった。
 彼はどこに感情が向いているのか、ちょっとわからない、主人公らしからないところも徐々に出てきた感じです。ヒーローには違いないのだけれど、どこか危うさが大きい。

 
 ラストはまたこれまでとは一変した衝撃的なものでした(^_^;) フミたんを見習って三日月を法要してあげたつもりが、三日月は三日月で、名瀬に触発されて彼女に唐突にキスを。驚く彼女の表情がとっても可愛くて可愛くて良かったなぁ。

 毎回がやはり面白く、飽きさせることなく、且つ物語は急ぎ過ぎない適度なテンポで進み、見ていて心地よいです。

 ただ着実にクーデリアさんに忍び寄る次なる刺客が。今度は舞台をコロニーへと移し物語は進んでいきそうです。心なしかフミたんの出番が多いのではと期待(^^)




機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2015-12-24


Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック