機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #22 「まだ還れない」

怒りはある。憎しみもある。
だがそれでも歩みを止めてはいけない。
すべてはあの日に決めたのだから。



 また一人、尊い仲間を失ってしまった。オルガはとてもじゃないけれど、その事実を受け入れられないでいました。彼だけが、ビスケットの最期を看取っていたというのも大きかったのかもしれない。
 誰もが彼にかける言葉を見つけられないでいました。そして掛けるときでもないとも考えていました。
 ただ一人を除いて。

 三日月はオルガの胸ぐらを掴み取り、今が、ここが、目指してきた場所なのかと問い詰めた。

 何人殺せばいい
 何を壊せばいい

 三日月の狂気すら感じる行動は、オルガを一刻も早く、鉄華団を一刻も早く再起させるためのものと見えました。でも正直半分くらいは彼の本心にも感じられた。
 当初より、とてもじゃないけど正義、正論を掲げるごく一般的な、それでいて有るべきとも取れる主人公像とはかけ離れた存在だった三日月なだけに、今回の言葉もまた、彼独特の意思が感じられました。それをキャラクターという単語だけで片付けていいのか。それとも彼はそのままどこまでも、戦いを臨むべき存在になってしまうのか。

 リベンジャーと化したとも取れる鉄華団。望まない戦いを、自分たちで引き寄せていく形になっていく。自分たちこそが正しいと位置づけて、そのためには戦争は必要だと捉えていく。


 一体どこまで進んでいってしまうのか。何が正義で、何が「正義ではない」といえるのか。シリーズの根幹ともいえるテーマに正面から立ち向かっていく様に、期待が高まっていきます。そして最後に、彼等の答えが、見えてきそうです。

  


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2016-03-25


Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック