機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #43 「たどりついた真意」

再会。


 革命を経て、とうとうというか、ようやくガエリオさんがその姿を、マクギリスさんの前に現しました。

 1話すべてを費やし、マクギリス・ファリドとガエリオ・ボードウィンの、本当の再会が描かれていました。
 マクギリスがギャラルホルンの象徴ともいうべきMSガンダム・バエル。そのバエルを起動させたことによって、彼の意思、彼の真意は世界へと知らしめることとなりました。その瞬間を、あのガエリオが仮面をはずし、見届ける形となり、すべての登場人物が出揃うことに。さらにガエリオの乗っていたヴィダールにはあのアインが・・・
 ガエリオはヴィダールを。マクギリスはアグニカ・カイエルを。それぞれ忌まわしき阿頼耶識システムを用いることになったのも、もはや必然だったかのような揃い方。もちろん阿頼耶識システムの一番の使い手である三日月もそこに参戦。


 体制的にはマクギリス側が優勢には見えるけれど、とはいえこのままだと肝心の主人公である鉄華団が、ギャラルホルンの内乱に加担する一、傭兵団という立場のまま。マクギリスが勝つことで、火星の王になれさえすれば目的は達成するのだから、それが一番良いのかもしれない。でも時間的にはそこまで引っ張れるようなものでもない気はします。
 でも隠し玉はもうない、、はず。となるとやはりイオク様が精神崩壊でも起こして暴走するとかw ジュリエッタが何らかの覚醒をするかしかない。相手がもういないってのが気がかりです。

 
 予告は敢えてなかったのか間に合わなかったのか。ここまでの集大成。物語に没頭できるよう、できれば最高のアニメーションを期待したいです。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック