機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第36話

アスランの決意はそれほどかっこいいものじゃなかったけど、
彼が自分の意思で行動できたと思いたい。

”議長に自分は生かされていた”
そう一瞬でも思ってしまったらもう帰るわけにはいかない。

議長のいうことは納得がいくんだけど、それでもどこかで違うという気持ちもあるし、
何よりもアークエンジェルを討つ理由がわからなかった。

しかし議長も、「ならなぜ向こうは歩み寄ってこなかった」と訊いてきます。

目的が一緒であれば、どちらかが歩み寄る事はごく自然なことかもしれない。
でも歩み寄らなければいけないから、ということでもない。

それよりも、強大な力だといって排除にかかる前にこそ、
歩み寄ることは必須だと感じはするけど。

”仕方がない”という言葉で括れるほど、甘くはない。
繰り返したいのならそうするだろうし、止められるものならそうはしない。


アスランはザフトを飛び出しました。
ここまでほとんど出番も活躍もなかったメイリン。出番です!
メイリンの活躍、これで最後じゃないよね?髪下ろすと誰でも、ってわけじゃないんだけど、
メイリンも例外なくかなりかわいかったよ。一緒に乗ってくれて尚嬉しかった。

そしてレジェンドはやはり関さんのものとなりました。再来です。
新型機最初の相手がアスラン。あんな強い機体相手じゃ絶対やられちゃうよ・・・。


議長が新型機を説明している様は、また南雲さんを思い出してしまったw
またサイバーみたくなってきてしまった。。あぁ、加賀さんも関さんでした、そういえば。。


アスランはアークエンジェルが沈んでいない、キラも死んではいないと確信していた。
彼らを繋いでいるものはなんなんだろう。
その繋いでいる力こそが、アスランの力の源であり、"アスラン・ザラ"へと導くものになるのかな。

とにかくメイリン・ホーク。今回は彼女が全部持っていきました(^.^)

"機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第36話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント