交響詩篇 エウレカセブン 第21話

ある意味、波にのっているレントン。
エウレカの声、久しぶりに聞けような気がします。

今の今まで実感がなかった、っていうのは若干無理と違和感はあるけど、
それでも向き合った、ということに敬意を表したい(^.^)


知っててやっていたことと、知らなくてやっていたことに
そんなに差異はない。やってたことは一緒だし。
同じ罪かというとどうなんだろう。人と人に分かれるような気がします。


レントンが現実に気づいたとき、彼は他人に縋った。
けれど彼が望んだ言葉は誰からも与えられることはなかった。
みんなそんなことをしても何の解決にもならない、彼が自身で決めることだと知っていたから。

「そんなこともわからずに戦ってたの?」

かなり久しぶりに会話をしたのに、エウレカからも優しい言葉はなかった。
彼は自分のしてきたことを正当化しようとしていたのかも知れないけど、
それはただの押し付けで、いいわけ。エウレカのせいにしようとしていただけでした。

そしてレントンは月光号を去りました。
実にわかりやすい。わかりやすいことをしてもいいように、子供の主人公。
自分はもう一歩先を見たいです。それができる作品だと思うんだけど。。


新しい方が登場されてきてどうやら軍につくみたい。
とうとうボードも撤廃。できるんならみんなにつけようよw
滑らかにレーザーの口が動くのはいいなぁ。何より小杉さん久川さんって素晴らしい(^.^)


軍でばりばり、と思ったら次回生身のレントンとも出会っていました。
レントンの一人旅はまだ続くようです。とてもおもしろそうです。がんばれゆうゆう!

"交響詩篇 エウレカセブン 第21話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント