涼風 第12話

誤解は朝倉君の専売特許なんだけど、秋月君もなかなか負けない(^.^)
でも彼の方が切ないです・・。

萌香ちゃんの積極的なアピールに秋月君は完全無反応。
萌香ちゃんだって全然かわいい方だと思うのにあのスルー加減はちょっとひどい。
そんなんだから涼風ちゃんにいつも嫌われるんです。

でも涼風ちゃんの秋月君に対する微妙な行動は、正直誤解なのかよくわからない、
どちらとでも取れる行動だから、今回のはいろいろ仕方なかった気がします。

自主トレのときストレッチを手伝ってくれたのは、彼を同じ部活の一員として、
プールも美紀ちゃんたちがいて、プールに行きたかっただけ?
靴紐がほどけたときも、ただ「待って」っていう秋月君の声がたまたま聞こえたから??

秋月君には一度だけだけど失敗してるしね、、慎重になるのは当然なんだけど、

「この前の花火もきれいだったよな」

慎重になるべきところだよね、ここ。。
相変らず頭で考えたことじゃなくて、先に思ったことを口走ってしまうのか。
自ら不安を大きくしてどうするのだ(^_^.)

結局プールでも何もなく、
どこらへんが誤解なのかわからなかったけど、
本当の誤解は最後にきた。

涼風ちゃんと萌香ちゃんとの会話を聞いてしまった秋月君が対象でした。
萌香ちゃんに秋月君のことが好きなんじゃないかと聞かれ、
そこで「はいそうです」なんてもちろん言えないし、
自分でもまだはっきりとはわからない、だから涼風ちゃんは、

「わ、わたしは別に好きじゃないわ、大和君なんて」

と、言ってしまい、バットタイミングで秋月君がお通り。。

「いいよ、わかってるから。朝比奈が俺のこと好きじゃないのはちゃんとわかってるから」

秋月君のこの言葉と背中はかなり寂しく切ないものでした。
涼風ちゃんもここで弁解してもあれだし、かといってダメ押しするのもあれだし、、


そんなことを踏まえてじ、次回で唐突に萌香ちゃんの気持ちに気づいたの?秋月君。
かなり萌香ちゃんにとって「束の間」な時間が来そうです。。
涼風ちゃんの気持ちも動いてくれるでしょうか・・・。


正直今回萌香ちゃんがんばってた。萌香ちゃんのキャストさんがんばってたと思う。
彼女はよくなってきていると思います。
秋月君、そこは見習っていただきたい・・。もう1クール終わりぢゃん。。

"涼風 第12話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント