スクールランブル 二学期 第10話

久しぶりランブルー
一旦アバンはスルーし、
冒頭のメイド八雲で、なんか今週もがんばろうって思った。

八雲の働く喫茶店にて、
仲良しふぉーえう゛ぁーのみんなで楽しく勉強しながらダイエット話。
すーっとさりげなくみんなの水着姿が流れてて軽く感動です。
晶ちゃんとかちょっと、いや、かなりよかった(^_^;)

いつになく原作っぽい四コマな集合体がおもしろかったです。
もう天満ちゃんなのかあみすけなのか境界わからなくなったw
女の子四人でホールケーキとか有り得るんだろうか。。。


というわけで、お話は天満ちゃんを東郷君から守ろうってことになって、
珍しく花井君と播磨君が意見一致でいざ奪還作戦開始。
普通に天満ちゃんの席に、天満ちゃんの髪型で座ってたララが
まぁ、色黒?wで、かわいかったよ。
「なんだ君は」っていう花井君のちょー冷めたツッコミで笑えましたw


「学びたいヤツがいて、教えたいアンタがいる。それだけで十分じゃないか」

東郷君の訴えは2-Dを、そして先生の心をも動かしました。
彼が先生やればいいよ。それでだいたいうまくいくよあのクラス。

お昼休みになってようやく乗り込んでいった花井君と播磨君。
マッケンジーを加えていざ、大貧民で対決することとなりました。
こ、声がいつもの播磨、いや高橋さんの声が違う(^_^;)あれは二枚目の声だw
やべ、ネタわかんないけどw かっこよかったからいいや!

って思ったら、東郷君陶芸の先生になってた!
結局愛理ちゃんたちに賭け貧民がバレて二人は晴れてパシリ化。
汚名返上というわけでみんなをカレーミュージアム?に招待とかして、
激辛カレーを早食いという展開になりました。
飛び入りの晶ちゃんは速攻ギブアップw なぜ出たw

それに対して花井、播磨の両名は競い合うほどの食いっぷり。
気絶しながらもその手を休めなかった花井、
配分間違ってご飯だけ先に食べちゃった播磨君、
それを一気に流し込もうとした彼を必死に止めた天満ちゃん。
カレー、たかがカレー、されどカレー。
その戦いは涙無くしては見ていられませんでした。

意を決してマグマダイブした播磨君、
これで優勝か?と思った瞬間、隣で間食した俵屋さん。
最初からいたか?ララを見逃せるほどまだ衰えていないよ?!
優勝は彼女の頭上に輝きエンドです。。五連覇だったとは・・・。


そしてきたDパート。ララ物語です。
間違って髪を短く切り過ぎちゃったララ。
今鳥をジャーマン後、渋谷に酔い、
渋谷マーベラス、マーベラス?をハチ公ごと吹っ飛ばしたw
伝説だ。CDは売れなかったけれどw
かつてない渋谷の伝説が誕生していました。歌聴きたかったなぁ。


ちっちゃなお話の集まりで、これはこれで楽しいです。
ララとか相変わらずオチメインだけれどw いつか良いお話もらえるといいな。
八雲が僅かな出番でもあったのが、結構珍しかったけれど
たったあれだけでも喜べますので問題ありませんでした(^.^)


次回はあ、ナポレオン。
声があみすけなのは予告仕様だと思いたいw

"スクールランブル 二学期 第10話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント