桜蘭高校ホスト部 第25話

こちらも次でおしまい。
最後まで然るべきレールに乗った、
素晴らしく安定したおもしろい作品でした。

大変わかりやすい流れのまま、今期の中では最後の転機を迎えたホスト部。
これといってこちらは触れることはもうない、見慣れた展開でした。
ドキドキも、どうなるんだろう??という感覚もなかったけれど
きちんと最後まで見てみたいという気持ちはいつもと一緒。


学園祭にて公開活動を取ることとなっていたホスト部。
見知らぬフランスの美人さんはここにきてゆかりん♪
極めて異質なキャストと感じたのは珍しかったなぁ。
色が違うというかなんというか・・・。
ゆかりんは「赤ずきん」な声ももちろん好きだけど
声低い方もかなり好き。最近だとひぐらしの予告的な(^.^)


環部長の父については、
彼の父らしい愛せそうなキャラでしたが祖母については見事に嫌なキャラ。
裏がありそうにも思えるけど、
あの境遇だけで、嫌われるには十分な理由になっていたから、
本気で環部長のことを嫌っているんかな。

鏡夜先輩の父はいいやw
別に鏡夜先輩だってわかってやっていることだし
一生続けていくわけでも、続けていけるとも思ってやってはいない。
彼自身必要だからと思って行っている以上、父はまるで関係ないよね。


令嬢の目的もまた、本心か否か読み取れませんでしたが
ハルヒちゃんが妬きもちを妬いていたこと、
彼女自身が否定していたところがかわいかったです。みんな丸わかりw


環部長は令嬢に何を吹き込まれたのか、
みんなの前に姿を現した環部長は突如ホスト部解散を宣言。
次回でおしまいというのにどーなってしまうの!?
と、いうとても安定したお話でした(^_^)

彼は悩んで行動するタイプじゃないし、
墜ちるとどこまでも墜ちていってしまう気もする。。
その時思ったことが彼にとって
最善の言葉であったり行動であったりしてきたわけなんだから
逆にこれまでの自分の行動を振り返って
改めて「どうだすごいだろ!」と堂々と清々しくバカやってほしい。


とにかく何よりも「キャラ最優先」という作品に見えましたが、
後半、特に馨君のモノローグが増えてきたところから
ようやくストーリーが見えてきたかなぁと思っていた矢先におしまい。。
これ程のレベルなら別に望まなくてもw またがあると思いたいなぁ。


みんなで集まってみんなでホスト部なのも事実だし、
それぞれがきちんとみんなのことと同じレベルで
自分たちのことも抱えている、そういった描写が見て取れたと思いました。


最後はかなりかっこよくキメてきてくれそう。期待して終わりを待ちます。

"桜蘭高校ホスト部 第25話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント