ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! 第40話

エリザベータ杯ニューイヤーカートレース開催っ!
エリザベータ様ちょー嬉しそうー!


何の前触れもなく前置きもなく新春カートレース勃発。
彼女たち全員がカートレース経験者だったかのような、見事な走りでした。
プーモがいつものプーモらしからぬ興奮っぷりでw
解説のトーマ様のお声がだいたいかき消される始末・・・。
その扱いで正直満足ですw
なんていうか、「あけましておめでとう」です。
奇跡的にティオが喋ったのもめでたい(笑)


レース開始直後、ビビンも来てくれたのでレースはほぼ全員参加。
エリザベータ様っては残りすべて質素を押してくるのかな。

1つ目のヘアピンでふた姫たちはまず停止。ありゃなかなか曲がれないね。
2つ目は心臓破りのあり得ないくらい急勾配な坂道&バナナの皮の山!
あれだけあるとさすがに立ち向かうことすら愚かに思う、、、が
とりあえずビビンと、仕掛けた側のエリザベータチームがトライして敗退。。
シャシャとカーラはどこで勝利を確信した上でバラまいていたのか・・・。

今回ビビンはなぜか正々堂々と戦う!と宣言していて、
このバナナもエドちんを使って排除してくれました。
エドちん、ゴミ掃除から新年スタート。素敵です。尊敬できます。
一仕事終えた彼に対して誰も労いの言葉すらありません。素敵です。

3つ目はカートなのに湖越え。
水陸両用だったとは・・・。飛んでるのもいたw
最初明らかにシェイド様のチームが有利に見えたんだけど、
相方がノーチェってところで相殺されてたんだw がんばれノーチェ!

ここでエドちん新年二個目のお仕事。
ネズミさんのように無限回転地獄へと放り込まれて走らされて
モーターとなり、ビビンの車を滑るように走らせてくれました。
助かるなあエドちん。万能です。素敵です。

その後エドちんが小細工したりしたけどそこは彼の本来の仕事であったけど
求められていた仕事ではなかったらしくw
ビビンは頑として正当な勝利を目標にしていました。
さらに彼女はうっかりレインにもらった手袋を
危険な崖下まで降りていったりもして。
彼女の変化は実にわかりやすくて、しかもかわいかったです。


最後の吊り橋では
全員が橋に同時に乗ることはねーだろ的な
開催者の杜撰な計画が露呈される形となり、
橋諸共みんなが谷底へ落下の危機に。
そこで今回はふた姫たちの魔法が発動となって解決でした。
あれではさすがに考える余地なく魔法を頼るしかなかったんだろうな。
けどみんなを助けて安心したのもつかの間、
今度はファインレインたちが崖に落ちていくという危機が!
と、ここでビビンの魔法が発動。友情の魔法です!

「このレースに悲劇など必要ないっ!!」

トーマ様の言う通り!!(^_^;)


レースはメインコースへと戻り、最後のストレート、
あともうちょいでフラッグというところで全員ガス欠。。
エドちんずっと回っていたんだ、って思ってたらぴょんと飛び出されて
見事ゴール(笑) 優勝となりました。
なんていうか、「あけましておめでとう」です。
しかしここでエドちんに今年3つ目のお仕事。
商品のハナ眼鏡をもらってイヤイヤダンス!!
初笑いです。エドちんに幸あれ。


とことん遊んだお話になってておもしろかったです。
ビビンがすっかり仲良くなってきていて、そろそろ最後の転機が訪れそう。
彼女が本当にお友達になったところで、この作品もおしまいかなー。
残り1クールも楽しみです。

が、次回はまたしても天使さんのお話・・・。
天使さんたちにそんなにスポット当てなくてもw

"ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! 第40話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント