地獄少女 二籠 第23話

 流されては消えて。また怨みが生まれてまた、流されて。

 ヒロ兄さんも前回?くらいからレギュラーになっておりました。これは喜ばしい、というか形態が前期と似てきたかな。もう残り3話しかないけど妹さんちょっとかわいい(^_^;)

 今回もとばっちりを受けた拓真君。全然知らない歌の下手なおじさんに罪をなすりつけられていました。明確な悪者が身近にいると大衆は簡単に信じてしまう。性格最悪な歌の下手なおじさんでした。一瞬、この前拓真君の隣人だった柿沼さん(そもそもこいつさえいなければ何も起きなかったはず)を流したお姉さんが警察に赴いてくれて、拓真君は事件に関与していない、とあの刑事さんに申し出てきてくれた。でもなぜかそのすぐあと事故死・・・。あの事故は完全に"事故"だったようでしたが、地獄通信に関わった人たちに、もう何の力がどう働いて蠢いているかわからなくなってきました。全員残さず流される勢いです。

 刑事さんとその妹の蛍ちゃん。二人は別々の方法で急激に真相に近づいていました。地獄通信は都市伝説の一つ、という理解ではあったけれどそのほかの推理はほぼすべて事実となっていた蛍ちゃんの推理。それを確かめるために彼女は拓真君の家に行き、タイミング悪くきくりが蛍ちゃんをあの夕焼けの、あいちゃんたちのホームへと攫い誘ってしまいました。きくりのやりたいことが一番最大に意味不明です。何の考えなしにやっているとしか思えません。本当は何かあるんだろうか、と思い続けてもう23話なんだよな・・・。どーなんだろ。


 冒頭ですぐに地獄へ流れた人がいたというのに、終始骨女を除いてみんなが拓真君の下に集まっていました。つまり誰かが、拓真君に近い誰かが既に、わら人形(骨女)を持っているということ。結果依頼者は、その冒頭で流されたおじさんの奥さんでした。この町だけでいったいどれくらいの人が回り廻って流されているというのか・・・。

 またしても拓真君の目の前で人が地獄へ流された。しかも今度は彼以外の人もその消える瞬間を見た。さらに蛍ちゃんは戻ってこない。お兄ちゃんはもう何がなんやらでしょう。拓真君にしても、この終わりの見えない因果応報の輪を、どうすれば断ち切れるかとか考えている余裕なんてない。目の前で起きていることがなんなのか全部わかっているのに、自分にはどうすることもできない。その辛さは計り知れないと思います。あいちゃんもこういうときは全然取り合ってくれないしなあ。。

 今回なんであの奥さんのろうそくがラストになかったのか。気にしなくていいことだったのかどうか。とにかくあの町で人失踪しすぎです。すべてに関連性があるってわかったら大変な大事件なんだけど、根本が地獄通信だしな・・・。関わった人すべてが流されていきそうです。歌が下手なこと、悪口言われただけでももう流されちゃう世界。完全に壊れきってます。

 次回、壊れた世界は壊れたまま、事態は最悪な方向に。これがどうすればあの連鎖が止まるのか、3人でこなせるのかもちょっと心配(^_^;)

地獄少女 二籠 箱ノ一
地獄少女 二籠 箱ノ一

"地獄少女 二籠 第23話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント