ひとひら 第1話

 春は出会いの季節。桜は舞い散る様が、最も美しい。

 新番1つ目。こちらがあったので先日無理矢理リストを作ったようなもの(^_^;)

 極度に緊張してしまう主人公麦ちゃん。そんな彼女がつい入部してしまった演劇研究会。演劇部ではなくて研究会。

 「誰か教えてください。演劇って口パクでもやっていけますか?」


 川澄さんがまたいつも通りに素敵なキャラで楽しみでした。あとは樹元さんがとてもかわいかったなあ。やけに渋い声(成田さんw)の高校生もいましたが、全体的には最初からきちんとわかいやすくて、ゆったりなスタートでした。演劇部と演劇研究会が存在する、というところで物語が進んでいきそう。

 麦ちゃんが緊張しすぎて声が出なくなる、というクセ?を持っていたのだけれど、そこでの口パクやけに滑らかな印象を受けました。話してない方が逆にきれい、ってのはまたおもろいし、予告で「み、見ないでください・・・」と言われたのもなかなか新鮮でした。

 今のところ見所は川澄さんとしか捉えられませんでしたが、桜がとてもきれいでしたし、写真好きな佳代ちゃんの考えがとてもしっかりしていたので(^_^;) そこにもちょっとストーリーが載ってきてくれると、青春な感じが出てきて楽しくなるかも。主要サブキャラとして川澄さんの対抗に雪野さんがいらっしゃるのも見所かな。二人の対立?も楽しみです。

"ひとひら 第1話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント