ぼくらの 第14話

 よくわからないまま、ジアースの力を軍事、政治に取り込もうとしている日本。及び他国。エネルギー問題は深刻です。
 現段階でジアースの原理を解くための技術が報告されました。


 今回は戦闘はお休み。田中さんの裏の顔が徐々に表に出てきました。彼女が政府の最重要機密を探れる後ろ盾。彼女の子。吉川寛治君の母との繋がり。苗字が同じってだけで親子という安易な設定は、安易なだけにびっくりでした(^_^;) ま、それでも気づいてなかったけどw


 ジアースの力を利用したいと考えている団体は多く、田中さんはそれらすべてを敵に回すことを改めて決意しました。彼女はそもそも、そのつもりのようでした。単に一人の大人として、軍人として、との考えも普通にあったと思う。でもどう見ても、他人からは「母として」しか考えられないのも確かだっただろう。特に肩入れしている、とは見て取れていなかっただけに、唐突な設定に見えました。でも可奈ちゃんにだけはちょっと違った接し方だったからなあ。単に年少だからって点を除いても、親身でした。


 認知研の現段階の技術力、解析・再現力を見ることが出来ました。人の意識の映像化とは、かなり高度に思えます。それをチップっていうくらいだからひどく小型化されたレコーダで採取できるんだろうな。あの技術力だけでも、商品等できそう。
 しかし彼らが一番取り出したいと思っているのはジアースの原動力。エネルギー源。でもそれってコエムシ曰く「ぼくらの命」に他ならないって思うし、それは既にあのレポートにも記載があると思うんだけど。 その取り出し方さえわかれば、源は例え命でも、ってことかな。。考えられて当然な手法でもあるか。。戦争で倫理が守られていると思っているのは、多くても、事実を見たことがある人はごく僅かという現実はありそうでした。

 また「非契約者は誰か」といういざこざが起きていたけど、そこは寛治君がいっていた通り、「わかったところで」という話。わからないまま責めるのも不毛だし、わかったところでどーしようもないこと。でも気になるのはやっぱ気になるよな・・・。


 次回は切江君出番です。負けたらそこでこのアニメ終わってしまうだろうけど、モチベーションが上がらないのは、、どうすればいいかね。。
テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1
テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1

"ぼくらの 第14話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント