瀬戸の花嫁 第20話

 悪夢のような光景とはまさにこのこと。もう二度とごめんです・・・。


 思わずパプワ君のときのあのカタツムリを思い出しました。名前出てこなかったから調べてみましたら「イトウ君」でしたw 懐かしい限りです。


 貴重な休暇を娘のためにつかおうと決めたルナパパ。でもどう接していいかわからずにいたところを、永澄君が救ってくれました。あの二人の会話も問題なしでした。パパ、やはり娘一番に想ってくれている優しいお父さんです。
 で、娘(ギャル)のことをもっと深く知ろうとルナパパはウェブで検索。最近猫も杓子もウェブで検索なご時世。ここまではルナパパ問題なしの行動と思えます。が、そこでヒットしてしまったのが「ギャルゲー」ここからは急落下w セーラー服で彼が登場した時点で、カオスの開始でした。今回は早かったです。でもBパートからが本番でした(笑)

 そのまま学校行ったものだからもちろん豪三郎さんにも見つかって、早速仲間にw いろんなギャルゲーが盛り込まれていたようでした。自分がわかったのはAIRとKanon。って他にも盛り込まれていたんだろうか。わかる人には、かもだけど自分はこれだけで笑えました。最初なんでたい焼き、って一瞬わからなかったんだけど(あの容姿じゃ絶対・・・)うぐぅで思い出したw


 まぁあとはいつものパターンでw 巻ちゃんが蓮ママに報告して、ママが成敗、これにて一件落着です。どっから花びら舞っていたんだろうなぁ。

 嬉しかったのは燦ちゃんのかわいいネコミミが見られたこととか、そのあとのさらにかわいいメイドさんとかもうばっちりでした。感謝です。


 間に盛り込まれたたとえば政さんとかw 小さなところも笑いどころを忘れない息継ぎなしの展開が今回も冴えていたと思います。もうだいぶ型にはまって時間が経ってきたなぁと。なかなかできはしない域なだけに、今回ももちろんおもろかったです。海君いいんだよなぁ。
 ショートコントは不意を突かれて相当おもろかったw


 次回は永澄君が久しぶりにエロ澄君になるかもw 委員長とうとう!?

瀬戸の花嫁 第2巻 初回限定生産盤
瀬戸の花嫁 第2巻 初回限定生産盤

"瀬戸の花嫁 第20話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント