CLAYMORE 第25話

 クレアの生きる理由は、もう彼女を倒すことではなかった。けれど今の前に現れた仇は、最優先で討たなければいけないと、体が反応していた。


 全編クレアとプリシラとの戦闘。ライオンさんを倒せたのだから、結構渡り合えるのかなと思いきや、まるで格が違う。。

 ミリアさんたちが駆けつけてくれて、危ういところを助けられるほどでした。彼女たちのタイミングは間一髪でした。
 ヘレンとデネヴは来る途中、ミリア姐さんからクレアの事情、過去を聞かされていました。彼女が妖魔の血肉ではなく、クレイモア、しかもかつてのNo1 テレサの血肉(というか頭部、、)を体内に取り込んだ上で、誕生したクレイモアであるという事実。
 そういった意味で、イースレイさんもクレアが他と違うということ、感づいておられました。
 組織の実験体ゆえに、最下位No,47を有していた。


 理屈で考えると、クレアには妖魔の血は、テレサが取り入れた分しか体内にないわけで、覚醒をあそこまで押さえ込んでいる理由もそこにあるんだろか。もう正直化け物同士の戦いにしか見えませんでした。

 途中からプリシラがさらに凶悪な姿に変身したところは、戸愚呂弟がうっすらと重なって見えた(^_^;) 怖いと感じたのはそのプリシラを静観できているイースレイさんだったなぁ。彼はどこまで強いのだろう・・・。奈々ちゃん(リフルさん)も同等だったんだろうな。。あのミレイさんたち3人が覚醒でもすれば太刀打ちできるのかどうか。


 終わり際に無理しまくりでジーンさんが到着しておりました。彼女は何をしてくれるのか。もうとても戦えないだろうし。。ラキ君はとりあえず叫んでました(^_^;) 彼の仕事はまだあるのかないのか。


 クレアはすっかりまるっと覚醒を終えたように見えました。次回でおしまい。果たしてプリシラとの決着だけでも着くのか。というかクレアさん戻ってこれるのかが一番心配。


 この作品はジャンプ作品ということもあり、恐らく途中で投げ出すと思ったのだけど、殺伐とした世界観と、その中で美しさを放ちながらも中心にいたクレイモアたちの活躍が、見ていて大変おもしろく引き込まれてしまいました。美人が多いと仕方なし!

 オーバーな演出なく、ずたずたと落ちていく手足や、切り刻まれていく体の描き方はインパクトが強く怖さが出ていました。でもそこもおもしろさの一つで、全体的に見ても大変良かったです。あと忘れてはいけないのが、これも恐ろしかったあり得ないくらい豪華なキャスティング。どれもが合っていたと思います。折笠さん、三石さんは特に良かったなぁ。

 これはきっと今期終わってもまた始まると勝手に確信してるのでw 原作はまだ手を出さないと思う(^_^;)
 まずは次回で終わりを見届けてからかな。

WEB拍手を送る

CLAYMORE Limited Edition Sequence.2
CLAYMORE Limited Edition Sequence.2

"CLAYMORE 第25話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント