灼眼のシャナII 第15話

 大いに回収されまくっていきました。久々に登場だけれど、懐かしくはない頂の座が登場してきました。


 一気にわさっと集まって、ささっと引いていきました。このボリュームを1話に収めたことが、緊迫感も感じられた部分と思いました。

 "銀"については、ベルペオルさんたちが絡みまくっていたことはわかったけれど、彼らが今回していったことが今後どう影響してくるのか。わからないけれどかなり楽しみです。

 ヘカテーと偽りの器、近衛史菜の回収は、彼女の体を回収しただけではなく、記憶も持って行ったと見て良かっただろうか。予告ではもちろん、彼女の記憶はクラスメイトから消えていたみたいだったけれど、彼女の記憶はどーなってしまったのか。

 フィレスさんは愛しのヨーハンとどうしてか再会できたけれど、これっきりにすると決めて、吉田さんに何かを手渡し、その場を去っていった。ヴィルヘルミナの想い、今回でようやくはっきりした感じ。彼女にしか届いていなかったいくつかの言葉が、印象的でした。

 今回ヘカテーと一緒にやってきた嵐蹄 フェコルーさん。なんかすごくおどおどした感じが微妙でしたが、そこはやはり紅世の王。相当な強さでした。あ、見た目もなんか微妙だったかも(^_^;) 声は渋くて素敵でした。



 他にも田中君の心労。シャナが必死に悠二を抱きかかえるシーンなど、大変見所が多かったお話でした。
 お腹から銀が出てきて史菜ちゃんに押し戻されて、杖で貫かれて、でもお腹は戻って、でもいきなしヨーハンになっちゃって、なぜか戻って「たぶん、大丈夫みたい」と答えられた悠二君。アイツはやっっぱただもんじゃねえと思いました(^.^)


 また24話までだとするともう結構話数はないのだけれど、せっかく「仮装舞踏会」が出てきたのだから、加速してくれると嬉しいな。

WEB拍手を送る


灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】
灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】

"灼眼のシャナII 第15話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント