咲-Saki- 第7話

和ちゃんが満を持して登場!!



 案の定、試合展開にはさっぱりついていけずにいました。風越の顧問?の方がなぜ激怒していたのかもさっぱり。ここはもう割り切りで。。


 和ちゃんはさすがの注目の中、エトペン抱えたまま見事勝利。途中でネットの中の「のどっち」と重なり、あたかも変身したかのような描写は、やはりこの作品はただの麻雀アニメではないことを感じさせるポイントだったなぁ。あのまま精神世界っぴところでバトルが繰り広げられていくようであれば尚楽しみです。

 その後は大将である咲ちゃんが相手を飛ばす(0点にする?)ことで早々に試合を終わらせて二回戦進出となっていました。あれであれば、試合運びによっては弱い方だけを集中的に攻め立てることでも勝利は勝利になるってことなんだ。そんなことできることもまた、神がかった「運」がないと無理なものか。

 それをたった一人目で成し遂げていたのが、龍門渕の方。結局衣ちゃんは会場に来ることもなく、二回戦へと進出。やっぱ1回で一般に4校消費できるってのは展開が早くておもしろそうには思いました。

 堀江さん演じられていた福路美穂子さんの片眼が開いた?ところで今回はおしまいでした。あの目、意図的に瞑っていたんだ。。そんなことできるんだろうか。かわいくなくなるから眼帯はしないというポリシーか。。その眼が開いたらかなりな光が溢れだしていたのにも(^_^;) 期待高まります。

 EDを変えてくれるところ、提供バックがジミにループしていたり、ってところも細かいながら嬉しく楽しいところです。次回を挟んで、その次が決勝かな。激しい演出を期待(^.^)

WEB拍手を送る



熱烈歓迎わんだーらんど
ランティス
2009-05-27
原村和(小清水亜美),片岡優希(釘宮理恵),染谷まこ(白石涼子),竹井久(伊藤静) 宮永咲(植田佳奈)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"咲-Saki- 第7話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント