WHITE ALBUM 第25話

あの時の、女神。


 お話がかつてないほどに遡り、その先にいた女性はめのうさんでした。ここにきて彼女が最初の女神であったという事実。もういろいろどうとでもなりそうです。


 理奈ちゃんは事件のショックで一時的に声喪失。恐らくイベント時には復活かなと思いきや、彼女は病室にいたまま、ヴィーナスは始まってしまいました。
 何かしようとしていたあのカメラ小僧さんは、ある意味やってくれた(^_^;) あのマネージャ?さん一体・・・。

 弥生さんはほんと、わかったような口の利き方を続けてここまできていたけど、結局何もわかっていなかったんじゃないかな。誰を一番に想って、誰のために生きているのか。わかりませんでした。が、あれで終わりのようでした。

 由綺ちゃんももう付き合う、恋人とは、好きって? とか今聞いてみたら、どれ一つ答えられないんじゃないか、って思うほど空っぽな感じでした。

 そしてめのうさんは、すべてを明かしたところで母登場。もうそれ以上はなく、彼女もこれでおしまい?


 わざわざ変則2クールまでした結果がこうなってしまうと、やはりある程度の力量がないとしちゃいけない構成なんだな、と実感できました。あまりこの変則2クールでうまくできていたケースってないんじゃないか、って思うほど。ぎりぎりコードギアスとかかなぁ。
 でも頑張りは随所にあったと思うので、見てきて良かったとは思っています。恐らく本だけかな・・・。その他は好みな方だったし、ちゃんと本にドラマがあったら、きちんと仕上げられる力はあったと思います。

 次回、いよいよ最終回。何かを得たといえば得たし、何かを失ったといえば、大いに失った。そこから少し休んで、また歩き出すことはできてしまう。そんな自分と、これからも向き合って行かなくてはいけないのかと思うと、耐えられないな。少なくとも自分はもう避けたい、って思ってしまう。

 彼女の歌はどこに届いて、誰の胸を打つのだろう。

WEB拍手を送る


WHITE ALBUM キャラクターソング
キングレコード
2010-01-01
森川由綺(平野綾)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"WHITE ALBUM 第25話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント