夢色パティシエール 第35話

憧れのアンリ先生。


 突然のアンリ先生帰国。いちごちゃんは喜びを隠しきれず、授業中も気はそぞろ。放課後の特訓でさえもキャンセルさせてもらって、アンリ先生を捜し回るという、かなり樫野君たちにとっては感じの悪い行動ばかりでした。
 それでも樫野君以外の二人はわかってくれているというか、目線が違うんだよなぁ。あそこまで信頼の於ける人が仲間にいるって、相当助かる。

 さらに夜にはアンリ先生のためにケーキ作り。隣で樫野君が必死に特訓しているのなんておかまいなし。あまりに「アンリ先生♪アンリ先生♪」うるさいからw いよいよ樫野君が注意したのに、それにも逆ギレ。もう何を言っても通じるような状況ではありませんでした。

 そんな状況で作ったケーキだったからか、スイーツカードも精霊界へは届くこともありませんでした。こんなの初めて。

 バニラのおかげでやっと先生を見つけたと思ったら、先生は麻里さんのケーキを食べていて、とても高い評価をし、何よりも嬉しそうにも見えました。マリー学園の麻里さん。。

 いちごちゃんはその様子を見て一気に意気消沈。せっかくのケーキを渡すどころか、挨拶も出来ずに帰ってきてしまいました。その後のスイーツ王子たちの優しさといったらなかったなぁ。ケーキの評価だって厳しいどころか、期待で満ちあふれていました。彼女にはもう、彼女のケーキがしっかりとある。誰かをまねる必要性なんてどこにもないんだってこと、みんなが改めて教えてくれました。


 その後アンリ先生は麻里さんと一緒にちゃんときてくれて、いちごちゃんの手紙をちゃんと読んでくれているし、活躍も聞いていると、アンリ先生は言ってくれました。その時の嬉しそうで泣きそうになっていたいちごちゃんはなかなか可愛かったです。

「負けません。誰が相手でも、あたし、負けません。」

 その場でいちごちゃんは麻里さんに対し、もう一度宣戦布告も(^.^) さりげなく残り一個のケーキを頬張っていた樫野君が可愛すぎでしたw

 ほんと今回のいちごちゃんは恋する乙女そのもので、自分の気持ちにどこまでも素直で、周りは全く見えていませんでした。でもこの宣戦布告で、やっといつものいちごちゃんに立ち直った感じ。なんとかグランプリモードを取り戻せたかな。


 今回、アンリ先生もスピリッツが見えていること。そして彼の周りにもスピリッツがいる!?こともなんとなく見えました。あとはもちろん今回のきたえりの活躍は、この作品内としてはかなり多かった方で嬉しかったです。サロン・ド・マリーでの麻里さんの制服がまたかなり好き。ハニー様かなり可愛い(^.^)
 あ、あと今回からみんな夏服かな。あれもめちゃくちゃ可愛かったなぁ。


 次回はいよいよ決戦前夜。直前でヒントも得たようで楽しみ。

WEB拍手を送る


夢にエール!パティシエール♪/いちごのミラクルール(初回限定盤)
コロムビアミュージックエンタテインメント
2010-01-20
杉原由規奈 五條真由美


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"夢色パティシエール 第35話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント