刀語 第十一話 「毒刀・鍍」

旅も残りわずか。


 11月。この作品が始まって早、ほぼ11ヶ月が経過いたしました。もう毎回毎回、欠かさずに思うことは、月日の流れが極めて速いものだということばかりでした。一年という月日は長いようで決して驚くほど長いことはなく寧ろ、驚くほど短い。


 真庭人鳥は辛くも生き延びていた。それは彼の強運がなせる技でした。確かにそれがかぶりものだった、という衝撃もあったw そしてそれでもやっぱり可愛かったってのも良かった(^_^;)

 彼のいう理論が正しければ、決して死に至ることはないように見えたけど、右衛門左衛門の持つ炎刀「銃」によって、その命を落としてしまいました。跳弾を用いていたけど、数百年?という下りはよくわからなかったなぁ・・・ どうして人鳥に当たることができたんだろ。


 毒刀・鍍を手にした鳳凰様は恐らく、意識を四季崎記紀に乗っ取られ、その上で七花と対峙しました。彼はいっても刀鍛冶。七花と争うには到底及ばなかったから、あれほど決着はシンプルになっていたんだよね。鳳凰が自ら戦っていれば、もう少し拮抗していただろうし、ましてや右衛門左衛門と同等というのであれば尚更。四季崎の目的は彼を倒すことなんきゃじゃなかったんだろう。

 四季崎記紀は予知能力者、という設定はユニークだったなぁ。これまでの刀すべて、未来から見知って創り上げてきたものと・・・ 若干納得いかない部分も多くw 正直そんな設定は今更いらないようにも思えたけど(^_^;) 辻褄は合わさったように思います。


 そして最後の敵はもちろん、右衛門左衛門。開始早々にとがめが撃たれ、今回は終わってしまった・・・。そしてそのナレーションを聞く限りここで、鑢七花は真の完了形へと昇華したと・・・


 これまでの旅路を振り返り、今回の旅が終わった後のことを話すような展開になってしまえば、こうなるのはいわば必然(^_^;) とはいっても、衝撃は変わりません。果たして七花はどう変貌してしまうのか。とがめは無事なのか。


 いよいよ、とうとう、次回で最終回。年末に最終回となるとより一層、感慨深くなってしまうなー 一年か・・・



刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)
講談社
西尾 維新


Amazonアソシエイト by 刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"刀語 第十一話 「毒刀・鍍」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント