魔法少女まどか☆マギカ 第5話「後悔なんて、あるわけない」

考えに考え抜いて、叶えた夢。


 さやかちゃんは恭介君の、もう治らないと診断されていた手を治すという夢を叶えると引き替えに、魔法少女となることを決めました。
 ごく一般的な「魔法少女になるんだ!」って時とはまるで雰囲気がことなり、まるでそれは悪魔との契約かのような演出が、今後の展開をより闇へと誘っている。そう、感じる契約シーンでした。

 ほむらちゃんはそのことをミスと言い、それももうどうしようもない、取り返しのつかないミスだとも付け加えた。たった一つの希望と引き替えに、すべてを失う。キュゥべえはそのことを知っていながら、それでも魔法少女を集めているってこと? その割には勢いで契約させようという素振りが見えるのが、ちょっと気にくわないし、誘っておきながらあくまで、決めるのはあくまで自身であり、責任は負わないよ、って感じがまた気にいらない。アイツの本当の目的はなんなんだろう。。

 前回ラストにでてきた新たな魔法少女は、さやかちゃんと対戦。どんだけの先輩なのかわからないけど、その戦闘力は言うだけのことはあり、さやかちゃんがあと一歩で殺される、っていうとき、ほむらちゃんが来てくれた。彼女はやはり、この物語の中で善悪どっちかっていうと善なんだろう。彼女がいうことこそが、真実な感じがしてなりません。

 あやうくまどかちゃんは契約しそうになった、ってのも怖かったなぁ。あそこでなったら願いは何になったのか。。

 ほむらちゃんはスペシャルだと、キュゥべえは言っていたし、契約したのはボクであってボクではない、という発言も曖昧。じゃお前はなんなのか。


 もうさやかちゃんは消えゆくフラグしか立っていなかっただけにw 彼女が出てくる度に、今後も全く気の休まるところはないなぁ。とにかくもうこんな怖い魔法少女なお話は初めてです。。


コネクト(アニメ盤)
SME Records
2011-02-02
ClariS


Amazonアソシエイト by コネクト(アニメ盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"魔法少女まどか☆マギカ 第5話「後悔なんて、あるわけない」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント