黄昏乙女×アムネジア 第1話

春新番21こ目。そこには確かにいらっしゃいました。


 幽霊の部員だから幽霊部員。わかりやすい。実にわかりやすい導入でした。Aパート?をほぼBパートでリピートしてくるあたり、やる気があるのかないのかわからなかったw 何も全部もう1回見せる必要性はなかったでしょ?w

 庚夕子さんはあの学校で起きている怪異現象の、中心人物。どういう経緯であーなったかはまだ追々っぽかったけれど、同じ部員である新谷貞一君ときたえり演じる庚霧江さんにだけ?は、夕子さんの姿は見えていて、もう一人の部員、小此木ももえちゃんには全く見えないという設定。夕子さんと霧江さんは苗字同じなんだ。

 割りと幽霊である自分を楽しんでいるようにも見えたけれど、本当はほぼ、誰からも認識されない存在としての自分に、矛盾や得も言われぬほどの淋しさを感じているようにも見えました。たしかにそこにいるとしても「他人」から見えも聞こえもしない存在なら、いる意味ははない。ただ「自分がその場に現象を起こす」ことはできていたようなので、そこまで孤立はしてないのかな。

 経緯があとから明かされる構成だと、1話で、とは難しくはなるためもう2,3話見てみようと思います。



黄昏乙女×アムネジア 1 (ガンガンコミックスJOKER)
スクウェア・エニックス
めいびい


Amazonアソシエイト by 黄昏乙女×アムネジア 1 (ガンガンコミックスJOKER) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"黄昏乙女×アムネジア 第1話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント