氷菓 #21「手作りチョコレート事件」

その拘りから得るものは。


 季節は過ぎ、今度はバレンタイン。摩耶花ちゃんは相変わらず里志君のことが大好きなので、もちろん今年も手作り。ただ去年、ひどい言われようを彼にされたため、今年こそはと、さらにはりきり作成していました。

 しかし、事件はバレンタインデー当日に起きてしまった。

 摩耶花ちゃんはその日、どうしても漫研を抜けられないため、渾身の一作は部室へと置かれ、里志君が来るまで、ちーちゃんが部室にいました。けれど里志君がなかなかこないのでちーちゃんは折木君に里志君の行方を聞いて、また部室へ。するとさっきまであったはずの摩耶花ちゃんのチョコがなくなっていた・・・

 もちろん折木君はそんな些細なことには労力は、エネルギーは使わない信条を持っていました。でも今回は摩耶花ちゃんが絡んでいる。となると、このままだと明らかにホラーな展開が待っていると踏み、彼は手助けすることを受け入れましたw 摩耶花ちゃんの怒りの形相は確かに見たくないし、その場に居合わせたくもない・・・


 事件の顛末は意外なものでした。里志君がそこまで、、なんていうんだろ、自己中といえばそうだけれどもう少しインテリ気味な、ある意味エゴイストな感じも受けました。拘ることに意味を感じない。勝つために勝つことをして、そして勝っても、得るものの中に楽しさや嬉しさは微々たるものだった。彼が経験してえた彼の信念は、それはそれは固く、貫かれたものであって、理解し難い部分が多かったです。
 彼は拘らないことに拘るようになって、気持ちや、他にもいろいろ「楽に」なったと言っていました。即ちそれは「生き易くなった」ということでつまり、それまでが「生きにくかった」ということなんだろうか。そのポリシーに、唯一障害となっていたのが摩耶花ちゃん。彼のポリシーのために、彼女の気持ちは何も考えられていない。他人がどうなろうと、どうしようと、彼にはそれを跳ね除けるだけの壁がありました。それこそ無意味と思える壁が。

 ただそのこだわりに対しても、自分自身、良いこととは思っていなかったのが救いだったかな。だからそれを問題視していて、答えを出す必要性を認識していた。そしてその答えは、これまでの1年で、特に折木君のおかげで、出せそうになっていました。そして今回の一件。彼は自分の考えをすべて折木君へ告白したことで、その答えに、たどり着いたようでした。あの後彼女にどう、何を伝えたのか。とても気になります。

 里志君の考えはとても想像しがたいものであったのだけれど、同時に、実に何かリアリティを感じるところも大きかったです。そのこだわりは、果たして本当にひとつの生き方、処世術となっていたのかどうかも、気になるところだったなぁ。ユニークでした。

 こちらの作品も残すところあと数話。最後まで大変丁寧な描写に、いつもながら感嘆していまうところ多かったです。残りも楽しみ。

 
氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]
角川書店
2012-07-27


Amazonアソシエイト by 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"氷菓 #21「手作りチョコレート事件」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント