テーマ:好きっていいなよ。

好きっていいなよ。 第12話

この先、どんなことがあっても。  岡崎さんのOPと聞いて、楽しみにしていた作品。途中とーっても幸せなオーラで満ち溢れてしまっていたんで、これはもう当てられるだけだと思ったんだけどw 最後はとてもとてもきれいにまとめてくれていて、投げ出さず(^_^;)最後まで見て良かったです。  最終回はめぐちゃんのお話をきちんと終わ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

好きっていいなよ。 第9話

「出会ってくれて、ありがとう。」  大和君はやっとモデルを辞めてくれて、めいちゃんの側にいる時間を大事に思ってくれるようになりました。何も話さなくとも、側にいるだけで、一緒にいるだけで、気持ちは伝わって、幸せな時間になる。もう物語としてはもうここまででもいいんじゃないか、ってくらいのエンディングに見えた(*^_^*)  …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

好きっていいなよ。 第8話

言葉だけを信じてはいけない。  めいちゃんは大和君が好きすぎて、もうどんどん気持ちが小さくなっていって、視野も狭まっていって、そんな自分がだんだんと嫌いになりつつありました。大和君がモデルを続けている「本当の」理由はなんなのか。大和君がめぐみちゃんの家に行ったのに、それを自分に話してくれない「本当の」理由はなんなのか。そんな在…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

好きっていいなよ。 第7話

ネクタイっていいよな。  モデル業をこなしていく大和君。その道は確実に、確実に小悪魔めぐみちゃんの策略。寸胴使っていながら「カレー作りすぎちゃって」ってどういうことだよ。量が多くなってきて途中で寸胴に移し替えたと?だいたい一人暮らしの女子の家に寸胴鍋あるってデフォルトなのか?w  でも彼女はあからさまな「小悪魔色」を出してお…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

好きっていいなよ。 第6話

早くもニューフェイス。めぐたん♪  読者モデル、つまり読モで大人気だという北川めぐみちゃんが登場。時代背景が反映されてて、こういうところも少女漫画らしいところなのかもなあ。一昔前なら、それはアイドルだったり、プロのモデルだったり、ってところが今は読モ。  そのめぐちゃんは大和君に一目惚れしたといって、彼にいきなり接近して…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

好きっていいなよ。 第5話

「もぐもぐッテしてる!!」  黒沢君が仔猫を拾って、その仔猫を理由にめいちゃんをお家にご招待。なんという巧みで自然な流れだ。やはり小動物を介入させるという手口は、成功率が高い気がしなくもなりませんw  今回そのイベントが起きたことによって初登場となったのが、黒沢君の妹さん、凪ちゃん@伊瀬茉莉也さん♪ 伊瀬さんの妹キャラは…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

好きっていいなよ。 第4話

抱えているのは決して、自分だけではないから。  ちゃらいくちゃくちゃいう早川って男が登場。見た目通り、どーしようもないダメな男でした。彼と会ったこと、そして前回からの愛子ちゃんとの話があり、めいちゃんはまた一つ、彼のこと、自分のことを、知ることができました。  食べこぼしはたぶん直せると思うんだけど、くちゃくちゃいう人っ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

好きっていいなよ。 第3話

他人の温度の温かさ。  めいちゃんが美容院にいくというので、大和君は着いて行くといいだし、晴れて初デートとなりました。でもたまたま出会った愛子ちゃんって子が、めいちゃんの気持ちをまた揺さぶりました。  愛子ちゃんは「努力もせずに何かを得ようとする」ことをこの上なく嫌悪していた。それは「自分」が努力をして得ようとしているか…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

好きっていいなよ。 第2話

本気の味は唐揚げ味。 この作品は岡崎律子さんがOPを、というところだけで、最初とても楽しみにしていました。1話では流れずで書きそびれてしまっていたけれど(^_^;) もう8年という月日が流れてしまっているという現実は哀しいけれど、またこうして新しいアニメに使用されるところを見ることができると、やっぱり嬉しいかな。 …
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

好きっていいなよ。 第1話

秋新番組17こ目。突然始まる恋。キスから始まる恋。  今期もう1つある少女漫画原作アニメ。かなり正統派な作りで、ポイントというポイントはまだあまりなく、限りなく日常に近い中での導入でした。  ヒロインの橘めいちゃんは他人を全く信じていない。恋人どころか友達も作らないよう、心を閉じていました。その原因はどうやら幼少時代にあ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more