テーマ:アニメ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #44 「魂を手にした男」

あと一回。  勢力が大きく2分し、見方としてはわかりやすい構図になりました。ガエリオの登場により、マクギリスの思惑は意図しない方向へと向かっていってしまった。アリアンロッドとの対立は必然であったが、セブンスターズの残存党首をまとめ上げることで、対向しようと考えていた。けれどそれは叶わなかった。結果、党首たちはアリアンロッド側に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第六話

略奪への快楽。  翻弄され続ける花火ちゃん。自分も茜先生のように、好意を奪えば、得られるものがあるのかと考え、以前出会ったチャラい方を実験台に。けれどわかったことは、自分は彼女と根本的に異なる部分があまりに多いということだけ。特に自尊心についてはおよそ理解し難く、真似出来ない。  だから、得られるものはありませんでし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #43 「たどりついた真意」

再会。  革命を経て、とうとうというか、ようやくガエリオさんがその姿を、マクギリスさんの前に現しました。  1話すべてを費やし、マクギリス・ファリドとガエリオ・ボードウィンの、本当の再会が描かれていました。  マクギリスがギャラルホルンの象徴ともいうべきMSガンダム・バエル。そのバエルを起動させたことによって、彼の意思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第五話

奪われて初めて知る寂しさ。  麦君はもう大方茜さんの本性を把握していた上で、その上で、やはり彼女に惹かれていました。本質的に好きになってしまっていたから、もう彼女がどうであっても、好きなところを見つけてしまうし、見つけようとしてしまう。たぶんそこがもう既に、陥っているところなんだろうな。  花火ちゃんは先生の告白…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #42 「落とし前」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #42 「落とし前」 革命へ。  鉄華団による落とし前。何の制限もない、殲滅戦。  ジャスレイ側には戦闘が始まる前から、もう勝機はありませんでした。鉄華団はテイワズを離れており、マクマード・バリストンはもちろん、一連のことを把握済みでした。ただそれらを抜きにしても、鬼神と化した鉄華…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第四話

「別に斎藤君には何の興味もなかったのだけれど。」  そんなに意識はしていませんでした。むしろ自然と思い込んでいただけでした。だって豊崎さんが演じる、あれほどまでに清楚なキャラ。誰だってすっと勝手にキャラ作り上げてしまって当然だって思います。絶対いい人だって。でもこうなってしまったらもう、この作品に出てくるすべてのキャラがクズな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

虐殺器官

世界を一つにすることは叶わないかもしれない。でも二つにならできるかもしれない。  これといって前情報なく、劇場の予告か何かで見て、観てみようと思っただけで観てきました。少し近未来。義体こそないものの、その他は攻殻と同じくらいの技術が発達していた世界にも見えました。  主人公、クラヴィス・シェパードが、各地で大量虐殺を引越…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第三話

他人からの好意。  突如として決壊してしまったえっちゃんの、花火への想い。おもいはおもいんだよね・・・  えっちゃんと花火ちゃんとの出会い。もう出会った瞬間から、えっちゃんはずっと花火ちゃんを見て、見続けてきていたんだってわかりました。だからこそ、花火ちゃんと麦君の関係には違和感がある。確証はなくとも、彼女の中での確信が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #41 「人として当たり前の」

完膚なきまでに。  名瀬とアミダの死は、その直後は、新たな戦火へと繋がることはありませんでした。それが二人の願いであったことを、オルガは汲み取っていた。  何よりも家族を。  最も悔しかったであろう彼がその拳を納めた以上、鉄華団は動くことはありませんでした。  しかし同じ教え。女のためにという教えも、守らなくてはなら…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #40 「燃ゆる太陽に照らされて」

万死に値するとはまさにこのこと。  前回の流れどおり、過去が触れられ、名瀬・タービンはアミダ・アルカとともに逝ってしまわれました…  特に大きな変化・動きもなく、本当に「予定通り」にすべてが恙なく執り行われたように思います。強いてあげれば、イオクがいる以上これから何度も、非道が繰り返されるだろうということが確定しただ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第二話

もう二人の恋。  今回でキャラは出尽くした?かな。ラジオで知佳さんと一緒にやってる井澤さんのキャラ、のり子、、、もかちゃん。と、戸松さん演じるえっちゃん。  もかちゃんは十二分に可愛く、麦君とも幼馴染。にも関わらず麦君には振り向いてもらえない。それどころか花火なる彼女が出来てて。。全く面白くないって思ってる子。わかりやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リトルウィッチアカデミア 第2話

憧れの魔法。  あの頃の魔法少女が返ってきた、今期個かなり楽しみになっている作品。  自分としては、ちょうどプリキュアが始まった頃や、おジャ魔女どれみ、ファンファンファーマシーやら、そこら辺が蘇ってきました。絵柄といい、ストーリーといい。今の子供達にも是非見てもらいたい。そんな作品になっていきそう、と、2話を見て思えました。…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #39 「助言」

太陽があるからこそ。  まだまだイオクさんの進撃は留まることを知らない。きっと死なないと直らないんだろうな。ラスタルさんも彼を買って入るものの、代わりとなりうる人物がすぐ側にいるからか、結構薄そうではありました。  狙いは鉄華団からタービンズへ。ジャスレイ・ドノミコルスはとことん、自分の手は汚さない。逆に彼が自ら動いてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クズの本懐 第一話

とことん貫き通してみよう。  多々始まっている冬アニメ。心なしか前期より魅力を感じる作品が多いように思います。多少変化してきているようにも。まるで1話見ただけでは判断できないよう工夫されているんじゃないか、って思うものが少し有りました。  でも本作はそうではなく(^_^;) 導入として定説を守った見やすい1話でした。気に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2016年10-12月録画リスト

いつものことだけれど、気づいたら年末。  もうだいぶ最終回を迎えた作品は多いけれど、今期はほどよい量で、ほどよかった印象です。 201610月-12月開始日日09:30ワンピースフジ-日17:00機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズTBS10月02日日22:00SHOW BY ROCK!!#MX10月02日日22:3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 伍 第十一話 「儚き者へ」

どれほど儚くとも。  中級妖怪さんたちに誘われて、珍しい花、白霧花を見に行った夏目。確かにその花はわざわざ出向いて見に行った甲斐があったものではありました。けれどその晩夏目はあっさり風邪に。  事態に自分たちも幾分責任があると感じた中級さんたちは、オオツノと呼ばれる妖に熱冷ましの薬草を分けにいってもらいに行きました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 伍 第十話 「塔子と滋」

静かに降り積もる幸せ。  塔子さんと滋さんにスポットが当たるお話。今回は終始、大変ゆったりと、優しい時間でした。  お話は夏目を引き取る前のときのもので、一羽の烏をきっかけに、塔子さんが思い出を振り返るところから。  塔子さんも滋さんも、今と何も変わらず互いにマイペースで、そのペースが二人一緒な、理想の夫婦に見えます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 伍 第九話 「険しきをゆく」

しいたけ妖さん。  夏目と偶然出会ったしいたけ妖さん 三ッ皿さん。彼はいつぞや出会った朱遠様という方に再会したく、いちゃもんつけてw 夏目にその手伝いをさせることに。  しいたけさんはちっちゃくてとても心は優しい妖でした。それがわかったから、夏目も何も言わずにいろいろ手伝っていた。ただ話を聞いた感じでは、とてもじゃないけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年01月 録画リストメモ(新番のみ)

新年間近。  来期は今期よりは、数的には望めそうな気配がします。 201701月開始日火23:30あいまいみー~Surgical Friends~AT-X01月03日水22:30AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-AT-X01月04日木22:30政宗くんのリベンジMX01月05日木25:58うらら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #38 「天使を狩る者」

バルバトスがなければ、もう走ることはできない。  バルバトスとMAの死闘は、ぎりぎりのところで三日月の勝利となりました。満身創痍であり、一歩間違えば刺し違えていたレベル。さらに三日月はまた体の機能を失ってしまっていたようで。。あのまま戦いは今後も阿頼耶識のおかげで続けられるとしても、勝利したその先、本当の幸せは待っているんだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 伍 第八話 「歪みなき世界」

視ていくことを、決めた時。  名取さんがまだ若かりし頃、学生時代のお話。一緒に的場静司さんもご出演でした。  祓い屋を辞め、報復を恐れる名取家と、祓い屋をまとめ上げた有能な的場一門。立場の違いや年の差もあって、二人はほぼほぼ、その出会いからして相容れない始まりでした。  ある妖を追って、二人は、特に名取さんは意図せずし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #37 「クリュセ防衛戦」

「イオク様、うるさい!」  ヴィダールと対峙したマクギリス。戦闘こそなかったものの、マクギリスは、わずかな会話の中での彼の声、そしてその声から出た「カルタ・イシュー」の名を聞き、彼がガエリオ・ボードウィンであることを、わからないわけありませんでした。  モビルアーマーとの戦闘作戦はまたしてもイオク様がいらんことをして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #36 「穢れた翼」

もうイオクさんは帰っていいから・・・  イオクさんのキャラクターもう完全に固定されました(^_^;)  彼の不要な攻撃によって、彼の部隊は見事に壊滅。そのまま立ち去ればいいものの、鉄華団の作戦を完全に邪魔する形で再登場。何一つ彼に同情の余地は与えられませんでした。あれって、ギャラルホルン内で無事に済むんだろうか・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 伍 第七話 「遠い祭り火」

ありがとうの気持ち。  田沼君の親戚が経営している旅館が改装するということで、西村君、北本君たちみんなとお手伝いのため遠出した夏目。彼等とはほぼほぼ登場しててもちょっとだけが多かったから、今期ここでようやくまともな絡みがあって良かった(^^)  大変学生らしいちょっと若々しく楽しく過ごしていたけれど、もちろん妖はいらっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #35 「目覚めし厄祭」

お金の遣い方を知らない子どもたち。  火星で新たなガンダムフレームと一緒に発掘されたモビルワーカーもどき。それは厄災時代に、まさにその厄災を引き起こしたというモビルアーマー。そしてガンダムを含めたすべてのモビルスーツは、そのモビルアーマーを倒すために作り出された兵器でした。  マクギリスと手を結ぶことにした鉄華団。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポッピンQ

ほんの少し変わることが出来たら。  何気なく響ラジオに追加されていたこの作品宣伝用のラジオ番組。瀬戸さん亜李さんともよちゃんの3人がパーソナリティという理由だけで聞き始めたのが、この作品との出会いでした。  そこからホームページでキャラ絵やスタッフを知りつつ、動画で予告を知っていったり。ニコ生見たり。着実にw マーケティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #34 「ヴィダール立つ」

たとえ仲間でも家族でも言わないものは言わない。  オルガはマクギリスとの密約を名瀬に話し、名瀬はそのことを、自らの命を張ってテイワズに話をつけてくれました。変わらず仁義、任侠で満ち満ちていました(^_^;) でもこれでまた敵が、内なる敵が本格的に攻め込んでくるみたい。  火星の支配といっても過言ではない、その密約。一応これで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇場版 艦隊これくしょん -艦これ-

決戦、鉄底海峡  ブラウザ版サービス開始から早4年目に。TVアニメが終わって1年半。その間にもアーケード版やVita版、Android版など展開は留まることはなく、常に突き進んできてくれた作品。その艦これが満を持しての劇場アニメとなって返ってきました。  自分はブラウザ版をサービス開始年の夏くらいからやりはじめ、舞鶴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #33 「火星の王」

タカキの意思。  鉄華団はアストンたちの死を受け入れることもままならないまま、後処理に追われていました。タカキのショックはやはり大き過ぎたようでした。  アストンの最期の言葉、その想いに、タカキは押しつぶされそうになってしまっていた。それと同時に、妹だけは守りたい、決して悲しませてはいけないとも考え、彼は鉄華団をやめるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #32 「友よ」

名も無き戦い。  膠着していた戦闘は、恐れていた事態によっての終結を迎えました。犠牲、という言葉一つで括るにはあまりに大きく、何よりも悔しい。  勝者など誰もいない。誰も"何も"得ず、ただただ失っただけの戦い。狂わそうと思えば、簡単に人の心なんて流すことができてしまう。ガランは戦争に長けた人物であり、それと同時に、すべて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more