テーマ:ひだまりスケッチ

ひだまりスケッチ×ハニカム 第6話

変わりたくないという思いは、甘えとか言われるけれど、 その時間を本当に、心から大切にしていて、大切に生きている証拠。  1つ目はゆのちゃんと宮ちゃんの何気ない時間で、これまでの二人の時間を振り返る時間でした。  どれだけ長くいて、長く話していても、その人を100%知ることは叶わないし、自分自身も、100%知ることは難しいこ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ×ハニカム 第1話

秋新番組8つ目。4度目のひだまり荘~  まったくもっていつものひだまりでした。変わらない面白さ。求めていた流れであり、期待通りといってよかったです。またしばらくこの時間が毎週楽しめるのかと思うと嬉しい限り。  3期から登場の1年生コンビがばっちり1話目から参戦。今回は3年生二人が修学旅行ってことで2元に分かれての構成は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第5話

そして犬はどうなっていたのか。  なんとな~く、今回の2話はいつもよりお話も繋がっていて、ストーリーができてて、ゆのちゃんの良さが光っていたと思いました。ゆのちゃんがいろんな良い人と出会えているのは、一重に、ゆのちゃんが良い人だから他ならないって思います(^.^)  Aパートでは身体測定なお話。昨日の「れでぃばと」で…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第1話

冬新番7つ目。シャフト2作品目。喜ばしい3期目となるひだまり!  いつもと同じ日々を、いつもと同じ時間を、良い意味で変わらず見ることが出来て、ほんわかに過ごせました。  そこへ今期はこれまでとは違い、ひだまり荘に待望の新入生がお二人入ることになったことは大きなイベントでした。大家さんもホクホク(^_^)  いつの頃から…
トラックバック:25
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ×365 特別編 後編

禁断の美術準備室。  吉野屋先生の私物で埋め尽くされた美術準備室。亜空間とウワサされていた一室でしたが、そこは不思議と居心地がよく、吉野屋先生の洋裁に対する想いのすべてが、ぎゅっと詰め込まれたかのような可愛らしいお部屋でした。良い先生です。悪い先生でもありません。自分大好き、でも自分一人だけだと寂しい。そんない一面が見えました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ×365 特別編 前編

みんなで自転車。  お久しぶりなひだまりスケッチ。一年に一回見れるっていうこのサイクルはなかなか嬉しいものがあります。少しずつ時間は経過していくのだけれど、基本は日常であり、ちょっとしたおもしろさの積み重ねや、宮ちゃんのユーモラスが結構好きです。  自転車をふとしたことで手に入れて、みんなでシェアしていこうね、ってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 特別編

 帰ってきたひだまり♪  どういう事情かは存じ上げませんが、ひだまりスケッチが一夜限り戻ってきました。TBSじゃなくてBS-iってところがまた事情を感じる(^_^;)  この作品、とってもよいほんわかで温まる作品物語でしたが、自分、富士山のインパクトがあまりにあまりでw すっかり飛んでました。確か終わり際に新キャラ、とい…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 最終話

 お名残惜しいけど、こちらも今回でおしまい。  最終話となる季節は12月で24日。さえさんの妹さん、ちかちゃんがひだまり荘に遊びに来たところからお話は始まりました。最終話にして釘宮さん参戦っ!!とてもとてもかわいい妹さんでした。校長の胸像みて相当笑っていたなあ。実物より先にあっちみて、その後実物見たら数倍笑えますw だって長いんだ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 第11話

 吉野屋先生の実態  伝説のキャベツを彷彿とさせるサブタイ。そのキャベツはみやちゃんのお弁当でした。家を出て、バス乗っている間とかもずっとキャベツがバックに入ってて、お昼まで待機していたのかと思うと、キャベツも楽じゃないなと思いました。マヨネーズさえあれば女の子でも1個完食できるものなんだろうか・・・。  季節は春。ゆの…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 第10話

 未完成。  がっかり残り10分くらい切れておりました。それでもこの作品ならいっかなと思い途中までの感想・・・。再来週BSで見直してまた追記しよ。  時期はまた秋に戻ってこちらも学園祭! 吉野屋先生が創っていた校長の像?が最高によかったですそのタイトル「折れて欲しかった」が最高でした。彼女のセンスについて行きたい(笑) …
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 第9話

 夢はきっとみつかる。夢はきっと待ってくれている。  アバンにてどこかで見たことある魔法少女さんがお一人いらっしゃいました。で、あの目覚まし時計は絶対にいらないw  季節は再び秋。ゆのちゃんが朝起きて家を出て見ると宝くじの入った封筒が落ちていました。運良くすぐに落とした人がわかって返してあげることもできました。朝から良い…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 第8話

 締め切りがないともうダメです。いろいろダメです。。  自分で目標と期日を立てて、それで取り組むことはなんとかかんとかです。でも自由に、いつでもいいから、なんて言葉はそのまま受け止めてしまうためw 何一つできあがりません。そんな3月。  だいたい普通のアパートでいくら下が芝生?だからといっても、いくら春だからといっても二階か…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 第7話

 9号です。  秋の台風、そしてあれは金太郎?  体育祭リハは雨の合間を縫ってさらっと終わり、いよいよ明日が本番!、という台風の日のお話。結局本番のシーンは1カットもございませんで(^_^;) それが"らしさ"でした。この作品に大きなイベントは不要で、あっても今回のように"大きなイベントの前日"或いは後日、くらいが一番楽しいです…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 第6話

 うずうず。  テスト中、時間が余ったからテスト用紙にらくがきする生徒たち。これはよく見かけた光景ですが、その生徒たちを見て先生がうずうずして黒板にらくがき始めた、ってのは自分の学校生活では一度もありませんでした。一度でもあったら絶対忘れないw なんで吉野屋先生はうちの学校にはいなかったんだろうなぁ。。  季節は夏。夏と…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 第5話

 全編、またとても楽しい構成でした。ゆのちゃんの夢のお話は限りなく夢であって、現へも干渉していて、つまり夢であって夢のようなお話。  ゆのちゃんの夢のシーンは、とても"夢"でした(意味が・・・)各事象から時系列が失われていて、場所の繋がりも失われていて夢と現実が相互に干渉し合っていました。それをアニメで描くとこうなる。。って原作通…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 第4話

花と校長。  一月戻って五月。屋外写生するにはいい季節のようでした。  小さなボケとほんわかなエピソードが今回もいっぱい。でも歌のシーンはいろいろ考えさせられました。なんていうべきかわからずでとりあえず一言、 「あれはどっちだったのなんだろう」  という感想に止めよう・・・。  地蔵さんのお話から始まり、カ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 第3話

梅雨のある一日。 髪がくるくるになったりで、布団がなかなか干せなかったりで 気持ちが落ち込んでしまうことの多い梅雨。 トラップにはくれぐれも注意が必要。 気持ちが落ち込んでいるときこそ、 ろくでもないことしでかしたり、巻き込まれたりしがち。 今回の吉野屋先生は芋虫から蛹となり蝶となり。 きらびやかに変身を遂げて校長…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 第2話

体操体操。 夏休みの朝は体操と遙か昔から決まっています。 絶対毎回体操の音楽があるのは、 譲れないところか、たまたまか単なる趣味かw もう目がちらちらするほどの切り替えは望むところでした(^_^;) この演出?は好きな方なので前回よりも一層今回は楽しかったです。 今回はみんなでアパートの表札作り! 前回の続きではな…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ひだまりスケッチ 第1話

また好きな雰囲気な作品が(^_^;) 他愛ない、取りに足りない、ノーマルな日常とその会話。 アニメーションさせることの大変さをきちんとこなしていました。 ストーリー自体のおもしろさがどうこうというよりは、 「あー、好きだこれ」と直感できた作品でした。 色彩も、キャストさんも好きな方たちが多く 主役のゆのちゃん役の方だ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more