テーマ:アマガミ

アマガミSS+plus 第1話

冬新番5つ目。久しぶりなアマガミ!まずは絢辻さん♪  今回もヒロインひとりずつにスポットを当ててのストーリーになっているみたいで、またとっても楽しめそうです。  お話も橘君と綾辻さんが恋人同士になった状態でスタート。綾辻さんはもちろん、黒木部分を闇に隠しながらなキャラそのままなんでw 橘君はどうしたって勝てる要素なくw …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

アマガミSS 第25話

シ、シ、シ、シ、シンジツ・・・  ラストはたった1話。でもこの1話はこれまでのどのお話より衝撃的でした。黒辻さんのときをさらに上回るほど。  すべての影に潜み、立花君を見守っていた上崎裡沙ちゃん。彼女がこのTVシリーズでのラストヒロイン。これまでの24話の中で、彼女は果たして映っていたのかどうか。それはさっぱり覚えてない…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

アマガミSS 第21話

いよいよラスト。最後はもちろん委員長! 絢辻詞ちゃん!!  早いものでアマガミ、TVシリーズもラストヒロイン。最後は名塚さん演じる絢辻さん! 名塚さんにぴったりなパーフェクトなヒロイン♪  と、思ったらラストがとてもインパクト大きくて、それまでの優等生っぷりが嘘のような変貌が衝撃的でした。しかしあれはあれでやはり魅力w …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマガミSS 第16話

逢ちゃんと混浴!!!!  今回をもって逢ちゃん編はおしまい。そしてBlu-rayを予約w 最初から最後までほんと可愛さが段違いでした。これがゆかなさんのお力!(^_^)  創設祭では橘君が水泳部伝統のおでん屋を、逢ちゃんと一緒にお手伝いする、という場面からスタート。やけに高評価だったんで、かなりおでんが食べたくなりま…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

アマガミSS 第15話

逢ちゃんと遊園地でデート♪  見れば見るほど、逢ちゃんが可愛い。これはもうBlu-ray予約しても後悔しない。後悔のない可愛さに間違いなし。  Aパートでは遊園地デート。逢ちゃんは弟君を連れてくることはなく、橘君と二人でのデートを選択しました。そこで楽しく遊んでいたのだけれど、ふと、入ったホラーハウス的なところで、なんと…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

アマガミSS 第14話

逢ちゃん2話目でOPが新しくなったー そして逢ちゃんの可愛さが尋常ではない。  とても真面目で礼儀正しくて、まっすぐな逢ちゃん。もう見ているだけで幸せになる魅力があります(^.^)  純一君に数学の才能?がわずかにあったってのは驚きだったなぁ。てっきり口から出任せだと思ってたからw あの図書館の文学少女は敢えて顔が見え…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

アマガミSS 第13話

とっても気になっていた七咲逢ちゃん登場!  この作品始まって1話目くらいで気になっていたのが今回のヒロイン、七咲逢ちゃん。あのクールさ。そして後輩キャラ。声はゆかなさん。ボーイッシュな感じで、ショートも似合っていて。どれもこれもが好物です。  割とストーカーやら痴漢やらのスタートでしたが、徐々に打ち解けてしまいw い…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

アマガミSS 第9話

ふかふかボディーの純情少女♪ 中多紗江ちゃんの出番です♪  唐突に今回から?だけ?ナレーションが入ってきたのはよく意味分からずでしたがw 今回から後輩、紗江ちゃんのストーリーへと入りました。   とにかく声が小さくて、人見知りな紗江ちゃん。今野さんが演じられているのかと思うと、それだけでとてもレア感もして(^_^;) 新鮮さ…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

アマガミSS 第5話

森島先輩の次は棚町薫ちゃん!  森島先輩のエピソードは先輩の可愛さがふんだんに盛り込まれていて見ているだけで楽しい時間でした。お話としては別にこれといって・・・(^_^;) だったけれど、あれだけ可愛ければ見所はそこだけでも十分でした。  二人目は悪友?の薫ちゃん。  純一妄想は在り来たりなながら、その中での薫ちゃんが…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

アマガミSS 第1話

夏新番2つ目。まずは静様♪  2つ目はトゥルーラブ、キミキスに続く新たな恋愛シュミレーションを元としたアニメ作品。今回は全体の流れの中で、明確にヒロイン毎お話を立てつつ、進めて行かれるようでした。個人的にはあまり好きではない構成でしたが(^_^;) 森島先輩@静嬢の魅力に当たり前のようにやられてしまったため、構成がどうのこうの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more