テーマ:精霊の守り人

精霊の守り人 第二十六話 「旅立ち」

 最後まで気合いが漲った美しさ。  チャグム君の成長は誰が見ても明らかで、この日がくるのを皆、願っていました。  宮へと帰ってきたチャグム君たち。きれいなエピローグとなっていました。チャグムとバルサの別れたとき、泣いてしまいました。「小道をいけ」って狩人さんたちが言ってくれてたときから、もう全部。モンさんジンさん、シュガさん…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第二十五話 「宴」

 産まれし卵。  卵に降りかかってくるラルンガの尋常ではない数には、血の気が引きました。あれほどまでに強いラルンガが、予想を上回る大軍勢(^_^;)  とりあえず夜明けまで大丈夫だろうと推測していたトロガイ師でしたが、卵を持つものはチャグム君だけではなく、この夜明けまでの時間が、淘汰の時であるということが、これまた…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第二十四話 「最後の希望」

 幾多の人々の力と願いが結び、繋がり、唯一の希望へと架け渡されてきました。  青池が宴の地ではない。この事実を知る前に、バルサはチャグム(を操っている卵)の行動を推察していました。それはこの一連の伝承・行動に、「すべてに意味がある」と、これまでの経験から得ていたからでした。宴の地が青池だとしても、じゃあなぜ夜明けまでラルンガを…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第二十三話 「シグ・サルアを追って」

 約束の地へ。  チャグム君は卵にささやきを受け、いよいよ約束の地「宴の地」へ出立を迎えることとなりました。  その前にチャグム君はトロガイ師に大人な服を貰い受けました。それがまた実にかっこいいのって(^_^;) ちょこっと後ろ髪も伸びてきていて、体つきも成長していました。そしてもちろん心の方もきちんと成長していました。…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第二十二話 「目覚めの季」

 「俺は、精霊の守り人だから」  何の得にならないことでも、できる立場にいる者が、それをやらないことが罪。それがジグロ信念でした。  追手をすべて倒し、ジグロは最期までバルサを守り、そして死んだ。彼を倒せたのはやはり、病でした。人では勝てる気配すらなかったから。。  一通りお話を聞いたチャグムは、自分の身と卵を守る…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第二十一話 「ジグロ・ムサ」

 父と、師と。  全編、バルサが自分の幼少時代からのお話を語ってくれました。彼女の父のこと、カンバルを去らなければならなくなったこと、護ってくれていたジグロのこと。  境遇は大きく違うけれども、その二人の関係は今のバルサとチャグムとの関係に至るところで似ていました。  まず何よりも震えたのが、ジグロの声が西さんだっ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第二十話 「狩穴へ」

 ずっと元気のないチャグム君。バルサ母さんが変わらず厳しく接したことが、彼女の彼への優しさと思いました。  トロガイ師は正面から知識と現状をシュガさんに伝え、ちょっとの嘘を織り交ぜて、無事彼らを退けることに成功。トロガイ師最強伝説はまた一つ戦いを重ねたといってもよいのではないだろうか(^_^;)  前回出ていた鳥さんがい…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第十九話 「逃亡」

 彼は運命を知りました。  そして彼の運命に、彼女は全身全霊を懸けている。  朝から泣きかけたのはいつぶりだろう。相当胸に突き刺さるお話になっていました。彼らの絆はもう絶対に断ち切れることはないんだと確信できました。  己の運命を知ったチャグムは宮への帰還を決意していた。もちろんバルサママは許しはしない。あっという…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第十八話 「いにしえの村」

 小さな少年に託された大いなる運命と、彼自身の運命。再び繰り返すしかないのか。。  チャグム君を気遣って出たトロガイ師の「迷った」って一言コメントはちょっと笑えました。そんな堂々と言うことじゃってw かといって申し訳なさそうにするトロガイ師はなかなか想像しがたい(^_^;)  物語はそんなお茶目なトロガイ師を置いておきw…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第十七話 「水車燃ゆ」

 トーヤ決断。  町中で偶然シュガ様とチャグム君が出会ってしまったときは、これまでの流れががらっと変わってしまう可能性があったのだけれど、恐らくそうはならなかった大きな要因は、シュガ様が武人ではなかったこと(^_^;) バルサ姐さんの突きがそれほどまでに堪えたとは・・・。い、痛かったんだよね、、宿まで死にかけて到着だったもんな…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第十六話 「ただひたすらに」

 シュガさんの大いなる哀しみと、揺るがない確信。  サグム皇子の死がわかり、チャグム皇子の生存がほぼ確定となった。その双方をほぼ同時に知ったシュガさん。取り返しの付かない後悔に涙するも、すべてはチャグム皇子を見つけ出すことで弔いになると考えたのか。伏せることなく、チャグム皇子捜索の指揮を取ることとなりました。  聖導師さ…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第十五話 「夭折」

 チャグム君に待ち受けている運命はまだ、わからないことがたくさん。  そんな中、都でも彼を信じる者が一つの希望を手にした。  引き続き真実が明らかになってきました。精霊の守り人であるチャグム君は"卵喰い"ラルンガから命を狙われていること。卵が還るにはある場所へ行かなくてはいけないこと。時は春分。その日が約束の日。  さ…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第十四話 「結び目」

 トロガイ氏の冒険。  いよいよ物語が核心に近づき始めたことはわかりました。が、いかんせん言葉が多くて理解が(^_^;) 原作知っておいた方がより楽しめる作品なのかも、って今更思ってきた。。  バルサが救ったトロガイ氏。彼女が水の民から知った真実と、同時期にシュガさんが碑文から読み解いた真実は一致しておりました。ねつ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第十三話 「人でなく虎でなく」

 バルサの誓い。  前回のバルサのちょっとしたお祭り騒ぎで、これまたちょっとした武人にバルサが生きていること、チャグムのこともバレてしまった。その武人が挑んできた決闘に彼女は応える訳にはいきませんでした。彼女が自身で心に決めている「殺さず」の誓いを、こんなところで破るわけにはいかない。  今回は久しぶりにバルサの鬼の…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第十二話 「夏至祭」

 子供の喧嘩に大人が・・・、入るときもある(^_^;)  お祭り。思っていたより小規模でしたが、至る所に"文化"が見えてかなり魅力でした。これもいつかみた料理と同じく、モチーフがあるんだろうけれど、篝火がやけにリアルでかっこよかったです。だんだん慣れてきてしまったけれど、きちんと村の人たちが動いているのものすごいことで、画の美…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第十一話 「花酒をタンダに」

 ナユグの世界。  今回も本ストーリーとは直接は結びつくようなお話には見えませんでした。でも今後への繋がりありそうでした。ナユグの世界。大変気になります。今回もとてもおもしろかったです。  サヤの結婚。サヤはトーヤのために、トーヤはサヤのために受け入れたお話でしたが、もちろん二人とも望んだ結果ではなかった。その哀しみに泣…
トラックバック:8
コメント:2

続きを読むread more

精霊の守り人 第十話 「土と英雄」

 チャグム君の社会勉強。彼には多くの人がついていく、ついていきたくなると思わせる魅力があると感じます。  1話まるまる賭け事のお話で終わってしまった(^_^;) 驚きの構成でした。チャグム君がイカサマ師を見抜き、それを証明し、最後には本当の賭け事で見事勝利。バルサ姉さんは見ていただけだし、アニキ(トーヤ)もルールを教えただけ。あと…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第九話 「渇きのシュガ」

 渇きの相。その真意を確かめるべく調査に出たシュガさん。いずれ訪れようとしている干ばつと、今彼が襲われているもの。  サブタイが実に気に入ってしまいました。シュガさんが苦しみ続けている理由と、危惧している干ばつ。その二つを言い表していたんだろうな。  良き兄を過去から、そして今に至るまで、サグム皇子はずっと続けていました…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第八話 「刀鍛冶」

 ようやく短槍メンテ。鍛冶屋さんの心を動かすためには、今のバルサが話せる言葉だけでは足りませんでした。そこを動かしてくれたのはお二人の戦士のお話。  鍛冶屋にてようやくバルサの短槍がメンテナンス、はできず新調してもらうこととなりました。鍛冶屋のおじいさん、言葉遣いがとても丁寧で安心した(^_^;) また濃いいのが出てきたらどう…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第七話 「チャグムの決意」

 かわいくて賢くて健気なチャグム君。成長が目に見えてわかることは、きっとこの上なく嬉しいことと思います。  再び束の間の休息の時を得たバルサ姉さんとチャグム。新しいお家も借りて新しい生活の始まりとなりました。タンダもきっと少しは彼女の旦那、父親気分なはず(^_^;) お店の人にはすっかりでした。  チャグムの決意とは、彼が一…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第六話 「青霧に死す」

 この先一体何度、トロガイ氏に驚かされ続けるのだろう・・・。  開放した人々を用いて、バルサ姉さんは山狩り隊をおもしろいように揺動させておりました。さらにおもしろいのは狩人さんたちの廻らせていた考え。その考え方はいわば定石だったのかもしれない。でもアニメでそこまで見せてくれたのは、自分はこれまで少佐しかいませんでした(またw)…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第五話 「秘策、青い手」

 トロガイばあさん衝撃のたまごエンドから一転。やっと凡人でもわかるよう、いろいろ説明してくれました。ありがとう、トロガイ氏。  こんなに普通に説明してくれた回は初めてではなかったかな。まともで落ち着いて見られるはずなのに、お話してくれるのがあのたまごばあさん。。何を言い出すか、と思いきやほんと節々で口が悪いw 知り合いだから許せる…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第四話 「トロガイの文」

 トロガイさんご登場! 不思議さいっぱいの方でした。あれはどうやれば勝てるのか・・・。  トロガイさんは精霊とお話?が出来るとても不思議なお婆ちゃん。その人知を超えた能力は戦闘にも活かされているのか、狩人たち二人をほぼ瞬時に倒していました。今のところきっとトロガイさんが最強(^_^;)  彼女はチャグムの水の精霊に導かれたか…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第三話 「死闘」

 久しぶりに「闘い」が見られました。本物でした。  出かけていたので、今から週末分を見ることに。まずこちら。出かけて、レコーダーからまず何見よう、と思って自然に自分が付ける優先度が後々まで続きます。  が、いきなり録画失敗。。地デジ側のデッキ予約しておらず、、、アナログ側は動いていたけどなんか画像のちらつき激しい・・・。それでも…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第二話 「逃げる者 追う者」

 旅立ち。  今期はもうこれだけでいいのではないかと思ってきました。桁が違いました。アニメというより完全に"物語"が創られており、息づかいが聞こえてくる。そこまで判断するのはまだ早いと思いつつも、ここまで見せてくれると信じてしまうなぁ。  特に今回固唾を飲むというか、見入ってしまったのはヒビトナンさんとシュガさんとの会話シー…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

精霊の守り人 第一話 「女用心棒バルサ」

 今期気づいていた中で、自分が一番期待していた作品。嬉しいことに期待を上回りました。  そう、早い話は少佐(^_^;) と言っていいのか悪いのか。けれどそれはそれ、アニメーションとしての完成度が極めて高かったです。人の仕草、動き、カメラワーク、演出、美しい画と音楽。正直どんな作品でもここまで描かれれば2,3倍軽く格が上がるのではな…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more