テーマ:交響詩篇 エウレカセブン

交響詩篇 エウレカセブン 第46話

いよいよ飛び立った月光号。そしてニルヴァーシュ。 もう残り本当にあと僅かだというのに、捉えきれなくなってきた(汗) 戦いの始まりの準備はホランドたち、 そしてユルゲンス艦長たちも完了したのだけど、 レントンと、そしてデューイのさらなる動きはいささかいっぱいいっぱいw デューイが持ち出してきたお約束的な巨大兵器。 …
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第45話

モーリスがずっと、ずっと抱いていた不安。 彼が一番理解できたしまったから、一番悩みを持っていた。 本当の母親を記憶から消すことなく、 そのままエウレカを母のように慕い、愛していた。 彼がエウレカと出会ってから、それ以降の変化はもう不要でした。 ずっと、ずっと自分たちの母親として側にいてさえくれれば、 もう何もいらなかった…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第44話

ドミニクが知った真実は、あまりに、あまりに遅すぎました。 アネモネの代わりとなる次なる被験者を譲り受けるために 赴いたその施設には、無数の女の子がベットに横たわっていた。 さらに最終実験は失敗に終わり、3名の女の子に意識はなくなっていた。 ドミニクはどうしてもアネモネを救いたくて、救いたくて、 でもそのために他の誰…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第43話

迎えが来始めたアネモネ。 もう彼女には望めないのなら、せめて穏やかな終わりを願いたいです。 アネモネの花言葉は「消えた希望」。 ドミニクと決別してしまっている以上、 彼女に残された唯一の道は既に絶たれている。 彼が最後にあげた花を彼女は受け取ってくれたかのようにみえたけど、 口づけは認められはしなかった。 ドミニク…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第42話

生きとし生けるものすべての未来の、希望。 そしてその先にあったものは。 もうどうなってもおかしくない時期にきているから、ホランドは覚悟してしまったよ。よ、よかった・・・。 そしてゾーンの先にあったものには感服しました。 やはり期待以上のものを与えてくれる。 これまで何度も何度も思ったことを、またしても思い知らされました。 …
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第41話

サクヤと出会ったエウレカ。 自分が信じた心を、彼女と確かめ合うことができた。 だから幸せになると決められました。 ノルブの胸に光るコンパクドライヴに浮かんだその文字、 「EUREKA」は彼女の誕生を意味していた。もうすべての準備は終えていました。 あとはまさに二人の意思一つで、物語のすべてを決定付けるところまできている…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第40話

来てしまった最終クール。 もうここからは毎回毎回をより大事に噛み締めて見ていきます。 ボダラクの本拠地・ボダラ宮へゲッコーステイトはノルブと共に突入した。 ここで得ることがこの先すべての道しるべとなり、終わりへと導いてくれる。 サクヤと呼ばれる者に何もかもが委ねられました。 ニルヴァーシュでの進入は何かまたどこかで…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第39話

あー、ボールは友達。 白い歯っていいね!! いよいよエウレカセブンも今回にて第3クール終了。次回より最終第4クールへ突入となりました。 一年こうしてみてきて、今の時点でこれだけおもしろさが持続しているってのは、 出会えそうで出会えないもの。 なので、今回はみんなでフットサル! あのユニフォームは一体どうやって捻出…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第38話

アドロックが守ってくれたエウレカを、今レントンが守っている。 家族愛についてエウレカが知ることになった今回、 アドロックが残したものが、レントンに受け継がれた形となったのには、 偶然、運命、奇跡でもなくて、ごく自然な必然でした。ただそれが後になってわかっただけのこと。 親を心配にならない子はいない。子を大切に思わない…
トラックバック:11
コメント:1

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第37話

用語が多かったなぁ。ノルブさん、知ってることもう全部話しちゃえばいいのに(^_^.) ヴォダラク、コーラリアンの実態、そしてグレートウォールが持っている未来。 かなり説明してくれましたが容易ではなかったです。 これ以上の知的生命体総量増加は、自然と争いを招くことになる。 すべてのスカブコーラルが休眠状態から目覚めてしまっ…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第36話

やっちゃった、エウレカ。 泣きじゃくる子供たち。怒るキジェット。 久しぶりに明るいお話でしたが、それでももう以前とは明らかに違う明るさでした。 彼らが持っていた明確な目的が、 さらにはっきりと輪郭が見えた今だからこそある、また別な明るさでした。 切り札的にも見えていたレントンのお姉さん、ダイアンさん。 彼女がホラ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第35話

もう最近ずっと感動しっぱなしだ。落ち着きたいw 初めての全部隊での攻撃だよな。全員で首都へ。 迷いは迷いとして、決意は決意として。挑み戦い抜いた。 彼は兄だったんだ。。なんか見逃してたかな(汗) もう戦闘シーンとかかっこよすぎて言うことなしだった。 というかもうどれもこれも語るに及ばずな気がしてきました。 今見て…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第34話

過去が明らかになって、どちらかの未来も見えてきた。 改めてもう朝七時に見るアニメじゃないと思いました(^_^.) こっちを夕方六時にやればいいのになぁ さらに影響度は大きくなるに違いないのに。。 ノルブと呼ばれるボダラクの高僧。彼がレントンより前にやろうとしていた、対話。 その願い叶わず、ある末路を迎えていました…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第33話

この作品、きっと全部やってくれる(^.^) 「がんばれ!レントン!!」 コーラリアンの出現でまた街がひとつ消え、 そのことにエウレカはとてもショックを受けていた。 スカブコーラルとの共存。 あの惨劇からだけ見れば、それは全く持って現実味を感じられない希望。 互いに生きていく道を模索するゲッコーステイトは、間違って…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第32話

全力の回が増えてきました。 いろいろな柵を凌駕した先にこそ、です。それは昔も今も変わらないと思う。 じっちゃんが作ってくれたボードは無事レントンとエウレカ、ニルヴァーシュへと渡った。 ニルヴァーシュもスペックアップを果たし、久しぶりにトラパーの波に乗ることができました。 レントンとエウレカがこうして二人で搭乗したのも…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第31話

嬉しいことや楽しいことのすべてにレントンがいて、 レントンといるだけで幸せだとはっきり言える。そんなエウレカは恐らく変わろうとしている。 そして先に、物語大きく、非常に大きく変化しました。 過去を振り払って良いのかどうかは、エウレカ自身の問題。 レントンが何か言えるものではなかったけど、レントンが知ることはできるはず。 …
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第30話

還っていって、変わっていって戻っていく。 ならエウレカだって、きっと変われる。 ニルヴァーシュの修理に訪れた研究所もまた、 ホランドたち、エウレカたちをよく知る人が待っていた。 ニルヴァーシュの出生秘話がおもしろい映画で完結にまとめられていたのはよかったです。 かなりの説明を前回に引き続き盛り込んできた感じ。 ご…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第29話

レントンに告げられた過去の事実。エウレカの真実。 それでも変わらないもの。 いつぶりかわからないくらい久しぶりにドミニクさんがバイクに乗ってコケてご登場。 ベルフォレストで出会うべくして出会ったのはアクセル・サーストンでした。 偶然のようにみえたこのベルフォレストからの出来事は、 振り返ってみればすべて起こり得る可…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第28話

そしてレイさんがすべてを擲って。 レイさんの心の中には敵討ち、みたいなものだけじゃなくて、 自分のすべてを奪った対象としてエウレカがいて、 すべてを還すためにはエウレカを消し去ること以外なかった。 レントンが必死に呼びかけた言葉は、空を超え、 ただ通り響き抜けて行くだけで、彼女の心には届くことはありませんでした。。 …
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第27話

鮮やかなこの切替しに、緊張が持続しています。 核と成り得るこのクールで、決まりそうです。 畳みかけてきたチャールズさん、レイさん。対するホランド。 元SOF同士のその戦いは、互いを知り尽くしているが故の戦いで、 一瞬の隙がどちらにでもあり得て、ホランドは偶然勝ち得たようにも見えた。 でもチャールズさんはこの作戦を実…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第26話

再会。 こんなに盛り上げてくれるなんて、なんて嬉しいんだろ。 見れてよかったです。まだ半分あるけどもう十分嬉しい。 エウレカはすっかり立ち直っていると思っていたんだけど、 まさか一人で飛び出して行く程とは。 彼女が得た強さと覚悟は紛れもなくレントンのためで、 レントンに向けられた、気づいた気持ち。 レン…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第25話

レントンがまた出会った"絶望病" でも彼、ウィリアムさんは「彼女は絶望病ではない」と言った。 空腹と疲労のため倒れてしまったレントンを、一人の青年が助けてくれました。 彼、ウィリアムは絶望病に侵されていたマーサと二人で暮らしていた。 絶望病とは周りの人が絶望するから、絶望病というけれど、 ウィリアムは絶望してはいな…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第24話

チャールズさんたちが与えてくれた時間は終ってしまったけど、 レントンが得たものは極めて大きいもの。 最初からわかっていたお別れでしたが、 チャールズさん、レイさんがものすごくレントンを愛していてくれた分、辛かった。 レントンがゲッコーステイトだったということを明かし、 チャールズさんたちが軍のフリーランサーであることを…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第23話

家出中のレントン。自分が正しいと思ってとった行動が、 誰にとっても正しいと見えることではありませんでした。 誰かが傷つき、誰かが心を痛めるということがあるという事実。 彼にはそれがわかっていなかったけど、わかることができた。 自分が必要とされているとわかったら、どんどんがんばろうと思ったレントン君。 でも彼の考え方まで…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第22話

レントン自分探しの旅のはじまりです。 ボードで走り、寝て、雨に降られて、荷物盗まれて。 そうしてレントンはある広場に行きつきました。 そこで一晩明かして、朝は音楽で目覚めた。 起きてみると広場で大勢の人が音楽に合わせて踊ってました。 なんで踊ってたのかわかりませんでしが、 その音楽は軽快で楽しくてレントンも踊ってた。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第21話

ある意味、波にのっているレントン。 エウレカの声、久しぶりに聞けような気がします。 今の今まで実感がなかった、っていうのは若干無理と違和感はあるけど、 それでも向き合った、ということに敬意を表したい(^.^) 知っててやっていたことと、知らなくてやっていたことに そんなに差異はない。やってたことは一緒だし。 同じ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第20話

エウレカを助ける。 レントンの中でいつもそれは最優先で、最重要。 ホランドのそれと一緒でしたが、違いはあります。。 異様な姿となってしまったエウレカ。 月光号はもちろん、今の医学でどうこうできるレベルではなかった。 「エウレカを守る」 レントンは何よりもまずエウレカを、というけれど、いつもそれができていたわけじゃ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第19話

エウレカのその変わり果てた姿は見るに耐えないものがありました。 それでもレントンから見える彼女は、”エウレカ”でしかなかった。 月光号の修理は終ったが、軍が相当の数で攻め入ってきた。 そんな中、エウレカがニルヴァーシュを持ち出し洞窟の奥へと消える。 エウレカは操縦はしていなかったが、ニルヴァーシュをそうさせたのだろう。 そ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第18話

発掘現場ともお別れたが近づいてきたところで、 レントンが味わった”裏切り”。それは彼に何かを残していったようでした。 当の昔に死んでいる発掘現場でまだせっせと発掘屋をやっているおじいさんがいました。 見るからに頑固そうで、気難しそうなおじいさん。こういうおじいさん、見覚えがあります(^.^) というわけでレントン君出動! …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

交響詩篇 エウレカセブン 第17話

エウレカは今日も調子が悪そう。 でもヒルダさんは「ニルヴァーシュが女友達だったら、って考えるとしっくりくる」って。 月光号修理のためにはまだ膨大なリフレクションフィルムが必要で、 ケンゴウさんはもう購入を決意。お金はどんどん減ってるから先行投資・・。でも不安(^_^.) みんなでそのフィルムを買いに工房へ行ってみると…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more