テーマ:ノエイン もうひとりの君へ

ノエイン もうひとりの君へ 最終話

無限の可能性こそが、未来そのもの。 今期終わるのがもっとも悲しいのはこの作品。 最初から最後まで真っ向勝負で完成された作品は、 かなり久々に燃えるものが全編感じられました。 シャナよりむしろこちらを映画で見たいなと思った。 戦闘シーンとかかなり迫力あるものをまた描いてくれそうで。 もちろんラストの戦闘も尋常じゃなかっ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第23話

アトリがますます頼れる男に見えてきて、 帰ってきた、家が帰ってきたよ!!(^.^) シャングリラへ家ごと飛ばされてきたアイちゃんたちは、 再びハルカちゃんの力で元の時空へと帰ってくることができました。 アトリ一人を除いて。。 彼はユウ君とハルカちゃんを必ず助け出すとみんなに約束してくれた。 そのときに一瞬見えた彼…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第22話

帰ったら自分の家だけがないんだって!(^.^) もうこの作品も残り僅か。下手に先を予想してても たぶんあんまし理解できてないからw 大人しく見ていく。。 終わったらたぶんまた見る・・・。 ノエインがハルカに見せたみんなの未来は、 絵に描いたような不幸の未来でした。もうこれでもかってくらい。 ミホとか結構強引に…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第21話

アトリがかっこよくてかわいくてみんなとは扱いが違う(^.^) 元に戻ったのかと思ったら実際には完全ではありませんでした。 だからこそ、よりアトリの魅力が増えてきた。アトリが好きw シャングリラへ飛ばされたハルカたち。 彼女たちを探すトビ君たち。 途中内田さんは抜けて待望の黛博士と対面。 今回そのうちの2つが、1つ…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第20話

恐らくかなり解かれてきました。 しかしながらもういっぱいです(^_^;) 再び訪れることになってしまったラクリマの地。 ハルカちゃんだってまだ二回目だというのに とても冷静にユウ君に説明されていました。とりあえず復習。 もう彼女にしてみれば疑うことが不自然であって、 受け入れることが自然でした。 終わり…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第19話

郡山さんにも過去があります。 さらにアトリってもしかして。。 8mmに映り残っていたハルカのおばあちゃん。 でもハルカ記憶の中のおばあちゃんは極めて薄らいでいました。 転校する前に親友だったアヤちゃんの記憶の中からも、 ハルカの存在は消えていた。 時空が、ということは抜きで、記憶のお話しは日常といえるものでした。…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第18話

いよいよ本格進出してきたシャングリラ。悠々と函館の街を飛んでいました。 確定してきた事象も、さらに揃い始めてきました。 夢と現実と過去と今と未来。すべてに於いて見失いかけてしまうと、 もう自分を維持できなくなってしまうのではないだろうか。 現実だと思って生活してきたこの瞬間が実は幻、といわれても、 それを確かめる術は今…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第17話

自分にとって誰が最も、必要なのか。 今回もまた凝縮しすぎでした。 同時展開している様々な事柄が、恐らくすべて一つになるであろう、 この先の展開を思うとそれだけで楽しみで仕方ないです。 変わりゆくラクリマでのアマミクと、ハルカのいる時空でのアイ。 二人が抱いている気持ちは全く一緒でした。 アマミク、髪を下ろすともう…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第16話

過去へと消えたハルカ。 しかしその過去は記憶の中の過去とは少し、違っていた。 過去が未来からの影響を受けるという、起こりうる因果律の侵犯。 これまで十分アリエネェことが起こっているじゃないですか、郡山さん。 聞いたことや、自分の脳だけで考えてはいけない。 目の前で起きていることがそう見えるのなら、それは貴方の真実に他な…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第15話

ほらまたわからないw 郡山さん、怒ってないでちゃんと理解しようとしてよ(^_^.) ついていけなくなるじゃん。。 ハルカパパがやっとご出演されましたが出番僅かでした・・。 確実に何かを”やらされている”パパさんは、久々の娘との再会も漫ろに去っていきました。 また、今度ですね。。 今回大きかったのはトビ君と内田さんと…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第14話

野鳥の調査は大事です。 この作品、極めておもしろいとまた思いました。 ハルカの記憶。ハルカママ、パパの記憶。 記憶とはただの過去でしかないけれど、 平行時空の存在が確定されているここでは、その過去もまた並行に存在している。 けれどその時空は、あくまで近似値の時空であるという絶対の前提があるということは、 未来だろ…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第13話

彼がかなりヤバイのもアブナイも知ってます。 記憶が吹っ飛んでいたとしてもここはひとつ喜ぼう(^_^) とにかくトビいい奴!!!雪恵ちゃんに惚れるw 何はともあれ、おかえりアトリ。 束の間の復活かとも思えたけどちゃんと最後までいた(^_^) ちょーいい人になってて鈴村さんも割といつもの声に戻っててw 今回は比較的明るめで…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第12話

二人の友達同士の、戦いの結末。 彼らはやはり親友でした。 まさかもはやアトリ、フクロウが消えてしまうとは・・。にわかに信じがたいです。 無数の平行宇宙。そこにある時空。 なんだってできるように見えるこの世界で、どこまでが絶対で、どこまでが不完全なのか。 二人の戦いをなんとか止めたいハルカだったけど、 彼女の龍…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第11話

可能性の問題はそこにあるのではなく、そこに在り続けている。 郡山さんと同じくらいの理解度でもこの先だいじょぶかな・・ 確固たる理論なんだろうし、それをこの作品は大前提としている以上、 それを理解することは正直頭悪い自分には難しいんですがw それを世界観として捉えることならできるから、この先も郡山さんと一緒にがんばる(^_^.…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第10話

ユウママ、すっかり丸くなっちゃって(^_^) もうこれでユウ君が思い悩むことがなくなると思うとそれはよかったことになるけど、 キレてたママも正直よかった。どこまでエスカレートしていくのかちょっと楽しみだったから。 みんなともあっさり会うことになってしまったカラス。 子供たちだから、という特権のようなものだろうなぁ。 …
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第9話

憧れと期待が彼女を変えてしまっていた。 過去という時空があるのなら、"未来の時空"という存在も自ずと見えてきます。 やはりあるという事実とないという事実はどちらも定義なんかできやしない。 必死の形相で乗り込んできたユウママでしたが、 旧友・明日香さんの巧みな話術にかかりw その様子はどんどん変化していきました。 …
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第8話

あのハルカは違うハルカ。 そして裏切りは、裏切り。 ラクリマからただいまなハルカちゃん、とカラス。 帰ってきたら元の世界(時空?)ではハルカちゃんがいなくなってから 三時間しか経っていなかった。たぶんいろいろ好都合でした。 まるで拾ってきた仔犬(でかいけど、、)を隠すように、ハルカちゃんは家にカラスを匿いました。 …
トラックバック:18
コメント:2

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第7話

カラスとユウが望むハルカを助けたいという気持ち。 UFOだって呼べば来るさ!! ユウ君がずーんと沈んでいきますが、 これはそろそろ来るジャンプへの溜めでしょう。 沈み込めば込むほど、跳ね上がりは大きくなる。 いきなり飛び出すか、やはり徐々にかはわからないけど、最も高い所まで行けるよね。 現代のキャラと、ラク…
トラックバック:15
コメント:3

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第6話

根性あるよ、ハルカちゃん。こういうとき女の子のほうが絶対強いと思う(^.^) ラクリマと呼ばれるその次元に、親友と同じ名前を持つ彼女はいた。 あの蟲は食えねえなぁ・・・。 現在の時空と未来のラクリマと呼ばれる時空、さらにまだ無限に時空は存在し、 それぞれに"存在"が存在していました。もうどの存在がどれだかなんだか・・。 …
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第5話

普通に言葉が覚えられきれなくなってきました。ピンチっw hpとかちゃんと見ようかなぁ それくらいの価値はもう十分あると思うし。 前半ではミホちゃんがハルカを心配して占ってくれることに。 あの親子はなかなかいい感じでした。さりげなくわんこもメガネかけてたところもかわいい。 コックリさんで出たその言葉は「NOEIN」 あぁ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第4話

トモダチ、それはお互いにビンタし合う仲のこと(^_^.) ハルカはカラスたちから逃げ出すことができた。 それは突如現れた仮面の力。それは"ノエイン"と呼ばれていました。 ギリシャ語で”認識”って意味だとラジオでいってたけど、 あの仮面そのものにその名前を付けたということは、すべてはあの仮面から、ってこと? 未来…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第3話

やはり立ち向かってくる作品はいつ見ても楽しいです。 それ相応に疲れるけど(^_^.) 「もしかしたら」って感じが常に付きまとっている感じが好き。 誰もいないはずの夜の高台。 そこで蜃気楼のように見えた人々。そしてはっきりと見えた巨大な輪。 それらが消えた後、またあの気持ち悪い人、アトリが現れました。 一旦は、ハルカ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第2話

今期この作品が唯一"ぶつかってきた"作品のようです。化けるのかどうか全く不明。 いつものように、作品の中で説明しない限り、調べることはしませんが、結構期待はしています。 未来からきているカラスさんたちの存在や、ハルカちゃんの首の輪。 前半が、前回同様わからないままでした。 後半はまだ見ていけるんで、 この作品自体を…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ノエイン もうひとりの君へ 第1話

真面目に世界を描かれている様子です。 ストーリーで引っ張っていくタイプかな。 あ、はぐちゃん♪ 花本先生も。理花さんも? 藤原さん今期多い気がするなぁ 嬉しい限りです。 テンポとかすごいよく、世界がちゃんとできていました。 生活観もちらっと出てて、リアリティもついてきていたように思えます。 音楽がちょっと好き…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more